でも今の年齢からじゃ遅すぎる?

自分ブランディング


でも今の年齢からじゃ無理

■ でもでも星人

何か新しいことはじめようとするとき出てくるのが、「でもでも星人」。

「でも、お金がないからできない」
「でも、時間があればやるけど」
「でも、人脈が俺にはさぁ」

できない理由を言い出したら止まらない、そんな「でもでも星人」。
これは中村文昭さんのお話。

この「でもでも星人」の言い訳集の中で結構強力なのが、年齢を理由にしたもの。

「でも、私も年だから、今からやっても遅すぎるわ…」

これを潰してくれるのがガネーシャさんですね。
『夢をかなえるゾウ』も3巻になっているのですね。水野敬也さん、4巻お待ちしています。

■ 今の年齢からじゃ遅すぎる?いやいや…

【引用】「自分、カーネル・サンダースくんが頑張り始めたんいくつんときか知らへんのか?65歳やで。クリスチャン・ディオールくんがブランド立ち上げたんは41歳んとき、スキャットマン・ジョンくんがミュージシャンとしてメジャーデビューしたんは52歳んとき、ドストエフスキーくんが最高傑作『カラマーソフの兄弟』書いたんは58歳んとき、アンナ・モーゼスちゃんが初めて筆を握ったのは75歳んときや。あの子は80歳で個展を開いて、画家として一躍有名になったんやで。あの子らからしたら今の自分なんて子どももええとこや」

【出典】飛鳥新社『夢をかなえるゾウ3』P59-60 著:水野敬也

こんな偉業をこの年齢から、というか、この年齢で成し遂げられる。
自分がはじめようとしてること、今からでも遅くないかもしれない。

ちなみにガネーシャさんは、もう一押ししてくれます。

■ 高齢であればあるほど後に続く人の希望になれる

【引用】「もし自分が80歳やったとして、いや、90歳や100歳やったとしても、頑張ることをあきらめる必要なんてあれへんで。もし、仮にその年齢から成功した人間がこの世に一人もおらんかったとしたら、それ自分にとってめっちゃチャンスやん。自分がその年齢で成功した初めての人になれるちゅうことやからな。それは、自分が後に続く人にとっての『希望』になれるちゅうことやねんで」

【出典】飛鳥新社『夢をかなえるゾウ3』P60 著:水野敬也

わくわくしてきますね。

「こんな年齢からはじめたのにできた」

年齢だけではなく、言い訳している他の理由も、後の人の希望に変わる材料になるかもしれません。

「こんなにお金がなかったのにできた」
「時間がなかった私にもできた」
「人脈がなくても叶いました」

あなたが、そのやりたいことがはじめられない理由はなんですか?
それも後に続く人の希望に変えられる。

さ、やってみますかね♪

■ 「でも今の年齢からじゃ遅すぎる?」編集後記

『夢をかなえるゾウ3』は高瀬が久しぶりに手にとった紙の本です。
電子書籍ばかり読んでいたのですが、タブレットを手にしている姿より、本を手にしている姿を娘に見せたいなと。

電子書籍も素敵ですけど、紙の本も素敵ですね。

次回の記事は「自分の可能性を引き出したいなら、ここを突く」です。
2017年01月01日更新!お楽しみに!!

あなたによきことが雪崩のごとく起きます!
よいお年を!


« »

“でも今の年齢からじゃ遅すぎる?” への1件のコメント

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。久しぶりに訪れた高瀬さんのページ。この記事にガツンと感動をさせて頂きました。年齢を重ねてから成功した偉人の方って、意外と沢山みえるんですね。すごいです。思わずWikiで、ご紹介いただいた方達の経歴を調べちゃいましたよ。いやー、自分もいい年したオジサマなので、見習いたい(笑)。私が勝手に思うには、「その年令だからこそ」できた成功なのかもしれませんね。人生の辛苦や苦労を知り、経験を積んだからこそ書ける文章や絵や歌やデザインがある・・・そう思いたいところです。スキャットマン・ジョンさんの経歴なんて、涙なしでは見ることができませんでした。無駄に年齢を重ねることなく、欠点や苦労を力に変えたい。そんなことを思わせて頂きました。ありがとうございます。これからも楽しみに拝読させて頂きます。

コメントを残す