スマホゲーム中毒から抜け出たい高瀬

日常ホイホイ(雑記)


抜け出たい

■ スマホゲーム中毒です

プレイステーションとか、コンソール型のゲームに使いました金に比べたら、スマホのゲームに使った金は大したことはありません。

ハマりにハマっている『白猫プロジェクト』という素晴らしい(中毒性を持つ)ゲームも無課金で楽しんでいました。

課金するのも買い切りゲームだけ。

スマホのオンラインゲームにお金を吸い取られることはありません。
そういう意味では、

「高瀬、そこまで依存症ではないんじゃないの?」

それが、依存症チェックをやってみると、もう一つ何かの項目にチェックがつけば、

「あなたは依存症です。医者に相談…」

みたいな状況です。

■ スマホゲームに依存してしまう一つの理由

高瀬がスマホゲームにズブズブ中毒化していった理由の一つがこれかもしれません。

【引用】ヒマ潰しにやるという利用の仕方は、依存しやすい一つのパターンなのだ。ヒマ潰しの利用は、診断基準の一項目にも入っている「逃避的使用」につながりやすいのである。

【出典】文藝文春『インターネット・ゲーム依存症』P36 著:岡田尊司

スキマ時間にちょこちょこできる素晴らしさがスマホゲームにはあります。
一つのセーブポイントに行くのに40分かかる、なんてことはなく、パズドラにしてもツムツムにしても白猫にしても2、3分。

これが人をハマらせるのに一役買っています。
毎日見ちゃうやっちゃうイベント消化しちゃうもの。

心理学の単純接触の原理からも、
「こんなにやるくらい好きなんや、このゲーム」
ってなっちゃってるかもしんない。

そして、

「仕事せな…あ、ちょっと覗いてから…ワンステージだけ…」

逃避に使っちゃう。
こうして高瀬はスマホゲームにハマっていきましたとさ。

抜けられますかね。
なんでもそうなのですが、客観的に見つめれば熱も冷めていくと思い、もうちょっとスマホ依存について調べてみます。

あなたによきことが雪崩のごとくおきますよう。
ではでは!


« »

コメントを残す