魔法の先延ばしワード「○○」♪

すぐやる人のアイデア


先延ばしするなら

■ 娘の得意技

四歳の娘がおります。
得意なことも山ほどありますが、苦手なこともあります。
そのうちの一つが

「シャワーを頭からかぶる」。

泣きます。激泣きです。
四歳、未だに膝の上にゴロンして、頭を洗っています。

身長も伸び、風呂場がその成長に追いぬかされました。
リンカーンも死の間際はベッドから足が出てたみたいですけど、そのリンカーンばりに、横たわった娘は風呂場の壁に足がつっかえております。

横で2歳の息子は直立不動で頭からシャワーを浴び、シャンプーしておるのですがね…。

そんな娘がついに言ったのですよ。

「お父さん。明日私、頭からジャーする!

「そ、そうか!!」

感動し、迎えた明日の風呂の時間です。

■ 魔法の先延ばしワード「○○」♪

「さ、頭からジャーしよっか♪」

そう問いかけた父に対して、娘は満面の笑顔でこう言いました。

「だ~か~ら!明日からね♪」
「え?」
明日だってば!昨日言ったでしょ?」

うちの娘すごいでしょ?
先延ばし術、天下一品ですよ。

グゥの音も出ません。
笑っちゃってね。この最強の先延ばし言葉「明日やる」の魔法をラーニングしてやがりました。

明日はいつまでも来ません。明日は明日。
この真理、四歳児も知っているのですね。

先延ばししたいときは、ガンガン使いますか、これ。
きっと先延ばしできるときはしたらいいんでしょうね。
どうしてもやらなきゃいけないときはやりますもん。

先延ばしする自分がイヤになったら、そんときは先延ばしにしない自分になる方法を学ぼうとします。
ま、その方法はめっちゃシンプルで、「今、小さくやればいい」んですけど。

「明日ね♪」

先延ばしできるときは、やるべきときではない!たぶん。

ではでは!


« »

コメントを残す