めざせ没頭野郎!

日常ホイホイ(雑記)

[`evernote` not found]
LINEで送る

没頭野郎
「え?皿洗いに没頭してるの。話しかけないでくれる?」

■ ディズニーランドが面白いのは

きっと没頭できるからなんでしょうね。
なんていうか、その夢の世界に浸りきれるというか。
そこを楽しみきることにしか頭にないというか。

没頭しているときって、悩みもないし、未来への不安もない。過去の後悔だってどこかへいっている。
楽しいです。

映画が楽しいときもそうなんじゃないでしょうか。

ただ観ている。
ただただ味わいつくしている。
そうやって浸れる映画が、楽しい映画な気がします。

大人になり、経験が増えれば増えるほど、
「あ…あのときの自分に似てる」
なんて思考を挟んじゃったりして、浸りきれなかったりすることが増えましたが、それにつけて思うんですよね。

子どもはやっぱり楽しむ天才だなと。

テレビ観てても、絵を描いていても、ただただその感覚を味わいつくしている。没頭している。
常にゾーンだとか、フローに入っているような気がします。

味わいつくしの天才。没頭スペシャリスト。
The 没頭野郎、それがキッズだな。

■ 没頭せざるを得ない状況に自分を置ければいいが…

没頭=楽しい

まだ自分ができてないのであれなんですけど、どんなことにでも没頭ってできるのかもしれません。

ただ、その一つのことをする。

この間愛車のカローラを運転していて気づいたんですけど、運転している最中に高瀬は、椎名林檎聞いて、コーヒー飲んで、仕事のこと考えて、そして運転してたんですよね。

どれにも没頭していないという。
ま、ごく普通のこと、なんですけどね。

スピード狂の方が、スピード出して快感になるのも、アドレナリンとかだけではなくて、感覚が一つに絞られていくからなのではないでしょうか。

ほら、スピードの世界に入れば、運転そのものに没頭できる、というか没頭せざるを得なくなるじゃないですか。
「スピードを出してスリルを楽しもう!」なんてことは言えませんが、ひとつのヒントになりますね。

没頭せざるを得ない状況に自分を置く。
そうすると楽しいはず。

生死をかけるのはとんでもないけど、ギャンブルの楽しさの秘密もここかも。のるかそるかの博打…、そのとき「生きてるな!」と感じる感覚は中毒性がありますね。思い出してまうやろぉ…。

何か建設的に「没頭せざるを得ない状況に自分を置け」ればいいですが、少し思いつきませんね。
あなたは思いつきますか?

■ 没頭する努力をしてみる

ただただ音楽を聴く、ということをしなくなりました。
何かしながら聞いていることばっかり。

でもやってみると本当に優雅ですよね。
贅沢です。その時間。

他のこといっさいせず、ただ椎名林檎を味わい尽くす。
林檎さんを味わい尽くすというワードにドキッとするのは高瀬だけですか?

音楽じゃなくてもいいんです。
ただただスポーツを楽しむ。
ただただ食事を楽しむ。
ただただ目の前の人との会話を楽しむ。
ただただ本を読む。

ただただ没頭する努力をしてみる。
子どものように。

悩み、不安、後悔、フッとびます。
その感覚を頼りに立ち戻れますから、今、ここに。

そうすると、瞑想って究極ですよねやっぱり。
ただただそこにいる。そこにいることに没頭するなんて。

「結局、現実逃避なんじゃないの?それ。悩みの根本的解決にならないよね?」

確かに。

ただ、没頭するという練習をしていけば、「その悩み自体に没頭する」こともできるのではないでしょうか。
正面から向き合えるとでも申しましょうか。

悩みはどうなっても尽きません。
でも悩みに正面から向き合って、

「今俺ができることは何ぞや」

と没頭できたら、もうすでに悩みという名のゲームですよね。
…はやくそのレベルまで行きたいです。

ま、もっぱら「ただただ仕事に没頭する」みたいな時間を長くもてるようになればいいな、というのが今の目標でございます。

長い文章におつきあいいただき、ありがとうございました。
ではでは!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »