仕事の質を高める心構えとは?

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る


「やっぱ、このロゴ、さとえみさんの仕事の質…パネぇわ」

■ スキル・テクニックの取得に心惹かれる

こんな本の題名に惹かれたりしませんか?

『3秒でできる…』
『1分○○…』
『~するために必要な、たった一つの□□』

高瀬は大好物です。
ちょっとしたスキル、テクニックで物事がうまくいく。そんな夢のような話に高瀬は飛びつきます。

スキル、テクニック、大切だと思います。
ただ、そこに偏っては仕事の質は高まっていかないのかもしれません。「偏っては」ね。

■ 仕事の質?

「仕事の質が高い」というのは、自分の仕事で、相手からの信頼を得られるということだと思います。

同じスキル・同じテクニックを使うにしても、「何のために」というところが固まっていないと、なかなか信頼は得られそうにありません。

あなたがお客のとき、なんとなく匂いでわかることありませんか?

「あぁ、ただ売りたいだけなんやな」

って。
「今月、ノルマきついんかな」
なんて気を使っちゃったりして。

「この営業の人、自分の話をしてるんだな」

売り手の「何のために」が、お客である「自分のため」ではなく、「会社のため」「営業マン自身のため」というのは、なんとなく判ってしまう。

そんな相手からモノを買いたいとは思えないし、ましてや信頼なんてできません。

というと、相手からの信頼を得られるよう、仕事の質を高めるための「何のために」…つまり、心構えってのは自然と決まってきそうです。

■ 仕事の質を高める心構えとは

【引用】仕事に必要な心構えの基本は、「相手を喜ばせること」「相手の役に立つこと」。

【出典】東洋経済新報社『山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル』Kindle 著:山田昭男

「何のために」…相手のため、なんですね。

「いや、そうは言ってもボランティアじゃないんやから、与えてたらビジネスにならんやん!」

確かに確かに。
でも、今までの方法でうまくいかなかったのなら、その常識を疑ってみてもいいのかもしれません。

与えることがビジネスになるのかも…なんて。

【引用】「見返りを求めず与える」と書くと、「そんなキレイごとで仕事はできない」と反論する人が必ずいる。私にいわせればまるで逆で、そんな貧しい考え方しかできないから、いつまでたっても仕事がつまらないままなのだ。

【出典】東洋経済新報社『山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル』Kindle 著:山田昭男

見返りを求めず与える…、これお金じゃないと思うのです。
案外、お金を与えるのって簡単。何も考えなくてもいいですもんね。

でも、「お金を使わずに与える」ってなると、頭使って知恵出さないといけない。

目の前のお客さんのために何ができるか?
上司を喜ばせるために何ができるか?
仲間、同僚の役に立つために何ができるか?

こんな心構えでいれば、仕事の質があがっていくのかもしれません。

誰かの信頼を得られるような仕事をしたいものです。
このブログでは、「アイデアホイホイの記事なら、100人乗っても大丈夫!!」みたいなね。(?!)

うーん…あなたの役に立つ記事はどんな記事なのだろう。
これからもよろしくお願いします。

ではでは!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »