「元祖ホワイト企業」の蛍光灯に「引きひも式スイッチ」がついている理由?

自分ブランディング


未来工業株式会社

■ 元祖ホワイト企業「未来工業」

あなたは「未来工業」という会社をご存じでしょうか?
お恥ずかしいことですが、高瀬は知りませんでした。

本社は岐阜県にありまして、社員数は約800名。電気設備資材メーカーです。
山田昭男さんという方が創業されました。

そんな未来工業は「日本一”社員”が幸せな会社」と呼ばれています。

■ ホワイト企業、創業者の考え方の一端

ここで少し、あなたの会社、勤めている職場を思い浮かべてください。

「…あの売り上げ目標、達成できるのかよ…」
「今週の営業ノルマ、きっつ…」
「…その5 ホウレンソウの徹底!」

ブラック企業と言われてたり?するらしいですけど、学校現場にもあります。売り上げやら、営業ノルマという言葉ではないですけど、「子どもにつけるべき力」「今週すすめなければいけない授業」。「報告・連絡・相談(ホウレンソウ)の徹底」はそのままの言葉で学校にもあります。

未来工業さんには、この当たり前にある3つがありません。

なぜ、ないのでしょうか?

【引用】それは社員たちを「管理する」のではなく、それぞれを信じて「仕事を任せて」いるからだ。そして何より社員に「常に考える」ことを大切にしてほしいからだ。

【出典】東洋経済新報社『山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル』Kindle 著:山田昭男

うむむむむ…なるほど。

平社員、学校の先生は「管理職」に「管理」されていますよね。
管理するためには、○か×か評価しないといけませんから、目標を与え、ノルマを課し、そのつどホウレンソウの徹底をやらないといけない。

管理されるのは、ある意味ラクです。言われたことをやってればいいのだから。
でも、平社員の立場で思うに「考えること」を高瀬は放棄しちゃっているな。ほんと、山田さんの言う通り。依存しまくりです。

管理は自主性を奪うのでしょう。厳しくされているようで、甘えている部分もあるのかもしれない。責任という意味では。

おっと、話を戻します。

■ 「元祖ホワイト企業」の蛍光灯に「引きひも式スイッチ」がついている理由?

「常に考えること」を奨励している未来工業さんには「社内提案制度」というものがあるそうで、この制度から採用された社員さんのアイデアの一つが、蛍光灯についた「引きひも式スイッチ」です。

社員さんは、離席するたび、自分の名前入りタグを引っ張って、頭上の蛍光灯をこまめに消すというね。超「ドケチ」です。

ただ、山田昭男さんは言います。

「電気を毎回消すことで節約できる電気代などたかがしれている。」

じゃあ、なぜ「引きひも式スイッチ」なんでしょう?

ここにも、就労時間が1日7時間15分で残業原則禁止・年間休日140日(日本一休みが多い会社)でも、年商352億円、経営利益率13%、赤字決算創業以来50年ゼロの秘密が隠されているように感じます。

【引用】その本当の狙いは、社員に「コスト意識」を身につけてもらうことだ。小さな電気代を気にかけないような人間に、大きなコスト削減などできるはずがない。

【出典】東洋経済新報社『山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル』Kindle 著:山田昭男

元祖ホワイト企業は、管理をしないかわりに、社員に常に考えることを奨励して、責任感とやりがいを提供し、小さいアイデア・小さい改善を大切にする企業でした。

「楽しく働くこと」をもっと本気で考えたい。
山田イズムにハマりまくりです。

ではでは!


« »

コメントを残す