高瀬、ゲームやめたってよ…ふーん、それが?

禅的生活

[`evernote` not found]
LINEで送る

ゲームやめた
「え?僕?今、無の境地やってんねん。話しかけんといて。」

■ ゲームをやめました

ゲームが好きでたまりません。

「やめてみよう」

というときは、やめられるとは思っていませんでした。
でも、もうさすがに一ヶ月近くやらないでいると、もうこのままやらなくてもいいんだろうなと感じてきました。

■ ゲームが意外と自分にとって荷物だった

あくまで高瀬にとってという話ですが、やらずにいて気づいたことが、ゲームが重荷だったということです。

あんな素敵な娯楽が重荷だなんて気づきません。
変なんでしょうね、高瀬は。

ゲームをするとなると買うし、買うとクリアしたくなる。
アクションならうまくなりたいし、練習しなければいけない、なんてどこかで思っている。たまにはRPGでも、っとスマホでなつかしのFFなどをダウンロード。PS3ではアクション、スマホではRPG。攻略情報は??新しいゲームは出てないかな?
もっとワクワクさせてくれるものないの?
期間限定、無料のゲームはどんなのがある?

…もう、ゲーム一つで取られる時間は、「やっている時間」だけじゃないんですよね。
無意識に潜むゲームにまつわる時間がもんのすごい。

その重荷を下ろせたんです。なんか変な話ですけど、

「あ、もう新作ゲーム検索しなくてええんや」
「あ、もう攻略法とかブックマークしなくていいんか…」
「そうか、ゲーム…君はもういないのか…」

ってな感じです。

■ 一つやめる、ことの激変

目に見えての変化ではないのですが、なんというか、ただ感じる変化がすごいのです。

子どもといても、同じ過ごす時間の密度が違う。

一緒にいて、これまでも楽しかったのですが、もっと楽しいんです。
どっかどっかで「レベル27にしたら、ダーマ神殿目指すかな…」「そろそろツムツム30000コインやから、ガチャ回すか」とか考えていたわけですから、そこにその場所に、子どもの前に自分がいない。

ゲームにも失礼ですが、子どもにも失礼で、自分の時間に対しても失礼なことですな。

【引用】過去をいくら悔やんでも無意味だし、来てもいない未来をいくら心配しても無意味です。「私」に今できることは、目の前の人を抱きしめるだけ。

今をひたすら生きること、今、目の前にいる人を一生懸命に大事にすること、それ以外に人生はありません。

【出典】中経出版『100%幸せな1%の人々』P130 著:小林正観

過去や未来ならまだしも、バーチャルの中のキャラクターや金について思いをはせているだけですからね、高瀬の場合。

■ やめるのススメ

「自分、最近おもしろいことないなぁ…」

押してもだめなら引いてみろ、で、案外新しいことはじめるより、古い習慣をやめてみるのも面白いかもしれません。

よかったら、あなたもぜひ、何かやめてみてはいかがでしょうか?
その結果がいいものかどうかはわかりませんが、やめるだけで変わる自分、そんな新しい自分への出会い方があることに驚かれると思います。

ではでは!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »