清掃教育の目指すところ?

自分ブランディング


清掃教育の目指すところ?

■ 旧校舎を残してほしい

とある学校には旧校舎が残っていました。

新校舎を建てるさい、

「取り壊すか」

という方向だったのですが、そこに

「待った!」

をかける人たちがいました。
その学び舎から巣立っていった卒業生たちです。

「一生懸命磨いた廊下が忘れられない。」
「ずっと何十年もみんなが大切にしてきた校舎なんだよ。壊さないでほしい」

新しい校舎ができた今も、この校舎は子どもたちの手によって掃除されているそうです。

■ 愛着は…

この時ガイドをしてくれた方は言います。

「一生懸命磨いた、掃除した。そこで培われた心が、校舎への愛着になったのでしょう」

清掃教育の目指すところはここだ!
なんてことは決して言えませんが、愛着…もう少し広く言えば愛情というものは、こうやって育まれるものかもしれません。

つまり、手をかける、ということです。

嫁さんがいなくて、1日一緒に娘&息子と過ごした日がありました。
むちゃくちゃ大変で、いつも嫁さんありがとう、なんて骨身に沁みたのですが、二日三日過ぎた頃に嫁さんが言いました。

「ねぇ、なんか絆、深まってない?」
「わかる?薄々俺もそうちゃうかなぁなんて思っててん」

絆というよりも、高瀬本人の子に対する愛着が深まったのだと思うのです。
手をかけたことで。

母親は、身ごもっているときから我が子に大変な手をかけられます。
だから、生まれた瞬間整っているのでしょうね。母になる準備が。

反面、父、というか高瀬はダメです。
手をかけてないので、なかなか父になれた気がしない。

父になる手っ取り早い方法は、子に手をかける。これにつきるのでしょう。

■ 愛着を育む方法

繰り返しになりますが、愛着を育む方法とは「手をかける」ことです

そのゲームにのめり込みたいなら、面白い面白くない関係なくやりまくる。
自分のブログを愛したいなら、デザイン変えたり更新したり、人に教えたりと、育てまくる。
仕事を天職にしたいなら、工夫しまくり手をかけまくれば、今の仕事を愛せるかもしれません。
相手への愛情が冷めているなら、気を配る、やさしくする、認めてあげる、…手をかけてあげれば、また愛情が芽生えます。

愛着を育む方法…あなたは、どう使われますか?

■ アイデアホイホイを愛するために

ちなみにアイデアホイホイを愛するために、過去記事なんて読みまくってはいかがでしょうか?

ツイッターをフォローしていただければ、ランダムに過去記事をお届けいたします。
アイデアホイホイ(@ideahoihoi)

ちなみに高瀬自身がアイデアホイホイを愛せるように、faviconを設定してみました。
パソコンなどでブックマークをすると表示されるあれです。

さて、アイデアホイホイビーナスのどこの部分でしょうか??♪
ブックマークして探してね♪♪♪…どうでもいい?

連絡ついでに。
この度コメント機能を廃止しました。
アイデアホイホイへの連絡は、「質問・相談・お問い合わせ」のページからお願いします。

ちなみにちなみに、アイデアホイホイFacebookページからも可能かもしんない…けど、わかんない!!

これからもよろしくお願いします。

ではでは!


« »

コメントを残す