筆ペン「ゆる文字」2つの心得

自分ブランディング


■ 手書きレア

葉書、暑中見舞い、年賀状…印刷で終わらすことが多い今、手書きのレア度が上がっています。

書く、わたす、それだけで、相手は、

「手書きレアゲット!!」

と叫びます。
もう書いている最中は、相手が叫んでいる姿が目に浮かぶ。

■ 日本人の心、筆を使いたい

手書きといえば、筆、使いたくないですか?
せめて筆ペン、使いたいですよね。

「でも、私、通知表『字を丁寧に書く』的なとこ△だったしぃ、上手に書けないしぃ〜」

ダイジョーブ。そこは宇田川さんにお任せください。(高瀬ではなく、宇田川さんにね。)

【引用】心得 その1
上手に書くという
概念を捨てる

【出典】誠文堂新光社『筆ペンで書くゆる文字』著:宇田川一美

な?

上手に書くって概念を捨てなさい、と。
捨てよ?高瀬と一緒に。

■ 筆ペン「ゆる文字」の心得

【引用】心得 その2
イラストや絵を描く
ような感覚で

【出典】誠文堂新光社『筆ペンで書くゆる文字』著:宇田川一美

絵ですよ絵。アートです。
ちなみに文字がアートっていうと、

【引用】龍馬の文字だって 、専門家によると 、もう 、ア ートの域だそうです

【出典】ディスカヴァー21『名言セラピー幕末スペシャル』著:ひすいこたろう

龍馬って、坂本龍馬ですね。偉人の。
こんな感じ。

龍馬の手紙
「参考:長崎さるく 坂本龍馬・長崎のすべて! ~ ① ~

で、宇田川さんのを真似して書きました。いや、描きました。

筆ペン「ゆる文字」で気持ち伝える

上出来でしょ?高瀬でもできる!
ささ、やってみてください。

要は楽しんで描く。
味のある字を目指す♪

ま、高瀬の問題は、書いたものを誰にわたすか、、ってとこですな。

宇田川さんの本は書き方から何から書いてくれてますので、オススメです♪
→『筆ペンで書くゆる文字

ではでは!


« »

コメントを残す