目の前の世界を宝石に変える方法

自分ブランディング


世界を宝石に変える方法

「世界を宝石に変えるだって??」

大きく出たでしょ?
それもそのはず。アイデアホイホイ二日連続更新ですよ。
お祭りですこれは。

三日坊主まで、後一日♪

■ パーティの写真。どうせピントを合わせるなら…

【引用】世の中に「絶対的なこと」はほとんどなく、ものの感じ方や経験の持つ意味は「何に焦点を合わせるか」によって違ってくる。

【出典】三笠書房『アンソニー・ロビンズの自分を磨く』P62 著:アンソニー・ロビンズ 訳:本田健

同じ世界がそこにあっても、人によって全然違うものを見ているし、ただでさえ違うものを見ているのだから、それこそ感じ方なんてもっと違ってくるのでしょうね。

アンソニー・ロビンズさんのこの本では、とっても判りやすい例が挙げられていました。
こんな例。

あなたはパーティに出かけたとします。
椅子に座ってカメラでパーティを写真におさめようとしているのだけれども、数人の口論をしている人にピントを合わせて撮ったとすると、そのパーティはどんな思い出として残るのでしょう?

一方で、ジョークを言い合っていたり、楽しそうにしていたりする人にピントを合わせて撮った写真なら、それこそ素敵な思い出として残っていくのではないでしょうか。

同じパーティなのに、ねぇ。

■ 目の前の世界を宝石に変えるには…

【名言】人生はクローズアップで見れば悲劇だが、
ロングショットで見れば喜劇である。

~チャーリー・チャップリン~

人生、世界、大きく出たところで、結局は自分が目の前にしていることが全てのような気がします。
偉人も人。人が人の世を変えられるなら、自分の見ている世界だけだったら、なんとか変えられそうじゃないですか。

高瀬の世界は高瀬にしか判らないし、あなたの世界はあなたにしか見えていない。
だからこそ、高瀬は高瀬の見る世界を変えられるし、あなたはあなたの見る世界を変えられる。

最近のカメラはどうもオートフォーカスが過ぎるみたいで、無意識のうちに「いいニュースがない…世も末だ」「楽しいことなんて一つもない」と感じさせられているようなところがあります。

でも、ピントを自分で操作できることを思い出したら、不細工でも自分にとっては素敵な写真が撮れるようになります。

何?このシンクロ

ちょこっとだけピントを操作してみません?
なんだかそれだけで世界が素敵に見えるなら、人生捨てたもんじゃないかもしれませんので♪

【引用】雨に降られたら 乾いてた街が
にじんできれいな光を放つ
心さえ乾いてなければ
どんな景色も宝石に変わる

【出典】Mr.Children 『エソラ』

ではではでは!


« »

“目の前の世界を宝石に変える方法” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。おお!連続更新ですね。すごいです(笑)。「人が人の世を変えられるなら、自分の見ている世界だけだったら、なんとか変えられそうじゃないですか」・・・なるほどと思わせて頂きました。人の考え方や見方は変えられないですもんね。私も「なんで、あいつは俺のことわかってくれないんだ」と腹を立てたりしますが、よくよく考えれば当然のことかもしれません。でも高瀬さんのブログには大いに影響を受けていますよ。ええ。もう自分が変わるくらいにw。どうせ変わるなら素敵なオジサマに変わりたいですね。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

    • 高瀬賢一 より:

      MSLABOさんのブログに影響を与えているだなんて、光栄ですっ!
      っていうか、MSLABOさんのコメントが嬉しくてたまりません。

      ありがとうございますっ!

コメントを残す