「魅力的な人には思わず目がいっちゃう」のウソ

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

Photo:This Charming Man By:CEBImagery.com
Photo:This Charming Man By CEBImagery.com

Q:面白いことが見つからないんです。
A:身体が先で考えてみればどう?

■ いつでも目を奪われる私

目の前を魅力的な人が通ったので、思わず目を奪われました。

「はっ!」

我に返ると、その人はお風呂に入る前に裸になった奥さんでした。
いやぁ~気づかなかったわぁ、魅力的すぎて自分の奥さんだなんて全然気づかなかったわぁ~。

白々しい例を最初に出すと、二重にも三重にも伝えたいことがボケますのね。

「魅力的な人には思わず目がいっちゃう」

ここにはウソ…というか間違いがあるようです。

「奥さんが魅力的ではないってこと?」

すみません、それが間違いと公言すると夫婦の不和につながりますので、例からは離れてください。(なんで出したんや!?)

「魅力的な人には思わず目がいっちゃう」という文章の、単純な間違いについてです。

■ 魅力的だから目がいく、という誤解

通りすがり、すれ違い、一瞬で目を奪われ、その人を追い続けてしまうこと、ありますよね。いや、実際追うとストーカーですから、視線で追うって意味で。

「魅力的だから目がいっちゃう!」
「胸元がエロいとね…ついついお尻まで」…何の話や。

魅力的な人だから、性衝動を刺激してくる人だから…というのは順番が逆のようです。

【引用】そもそも「魅力的な人」とはどんな人でしょうか。改めて考えてみてください。魅力的だから視線が行ってしまうのでしょうか。もちろん、ちがいます。身体が先です。思わず視線が行ってしまうような人を私たちは「魅力的」と言語表現しているのではないでしょうか。

【出典】扶桑社新書『脳には妙なクセがある』P336 著:池谷裕二

目を奪われるような人、だから「魅力的」なんですね。
エロいから見てしまうのではなくて、そのときチラ見してしまいたくなるような人を「エロい」と定義しているんです。

「魅力的」「エロい」というのは言葉のラベル。

そして重要なのは<身体が先>という部分でございます。

あまりに自動的で気にもとめませんが、言われてみればそうだと思いませんか?

まず、目で追う、があった。
そうしてしまった理由を後付けして「魅力的だから」としている。

完全に全自動です。全自動が早すぎて誤解を生んでいるんでしょうね。

身体が先です。

■ 誤解も使いよう

こんな誤解を簡単にしてしまうのだから、色々なことを「身体が先」で考えると、素敵な気がします。そして、全自動の誤解も使っちゃう。

「面白いこと、ぜんぜんない…だから笑えない」

身体が先、どんなことにも無表情で対処してるから、面白くないのかもしれません。
身体が先、笑顔を作ってしまい、そこから生活してみると何でもないと思えたことにも、面白さが見つけられるような気がします。

そしていつか全自動で誤解、「面白いから、笑っちゃう」と勝手に脳が解釈してくれます。
笑う門には福来る、ってすごい言葉ですよね。
笑って生活してるだけで福まみれ♪

「愛情が冷えた…もう夫を愛せない」

身体が先、相手を思いやる行動をしていないからこそ、「愛せない相手」となっているのかもしれません。
身体が先、あのときのように相手の喜ぶ顔見たさに行動してみれば、愛を感じられると思います。

そして喜ぶ顔が見られなくても全自動で誤解、「見返りもなく行動してるなんて、なんてあの人を私は愛しているのでしょう」ってなったりして。

色々な心の問題、少し「身体が先」で考えてみませんか?
心というとらえようのないものを相手にしているより、行動というのは自分の影響化にあるので、この考え方は「何とかできそう!」という気にしてくれます。

「最近なんで元気でんねやろ…」

なら、猫背な背筋伸ばして、ちょっと小走りで仕事してみるかな♪ってな感じです。

身体が先で考えて、どうせ誤解するなら、素敵な誤解をどうぞ。

嫁「…ちょっと、なんでジロジロみてんのよ」
僕「君が美しすぎてさ」
嫁「…読んだわよ。美しく思えないから、ジロジロ見て、心をだまそうと思ってるんでしょ?」
僕「ご、誤解やぁぁ」

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »