仕事(勉強)が好きになれないあなたへ

中学生のあなたに伝えたいこと


Photo:Studying Educational material By:pedrosimoes7
Photo:Studying Educational material By pedrosimoes7

Q:勉強が好きになれません。
A:僕は小栗旬に似ています。ミトコンドリアレベルでは…

僕は顔だけルパンに似てると言われたことがありますが、それって小栗旬に似てるってことよね、と今解釈を変えました。

どうやら僕も小栗旬に似ているようです。
僕も、というのは、きっとあなたも小栗旬に似ています。

1平方ミリメートルの正方形で見比べたら、区別つかない部分ぐらいありますって。
もうね、区別つかないくらい似てるに違いありません。

自分のことが嫌い?
そんなに素敵俳優さんに似てる部分があるのに?

いったい何の話をしているのでしょうか。

■ 仕事から帰ったら、父たるもの

最近、家に帰ったときの第一声を変えました。

「たっだいまぁ~~~!」

にしたんです。もとは「…疲れた…ただいま」。
理由は簡単。このフレーズに出会ったからです。

【引用】家族に「よしよし」としてもらいたいぐらい疲れていても、男たるもの、やっぱり耐えて忍ぶべきです。働く女性であっても子どもの未来のために「今日も笑いながらご飯を食べよう」と自分に誓う意味で、「ただいま!」を言いましょう。

愚痴とセットになっている人の悪口、原因を環境や人のせいにする言葉は、玄関のドアの前で、服についた埃や花粉と一緒に払い落としてしまいましょう。

【出典】サンマーク出版『何のために』P141 著:中村文昭

僕は弱いので、ちょっとしたことがあっただけで、嫁さまに「よしよし」してもらいたくなります。
でも、最近子どもの目が気になって。

イチャイチャしているのを見られるのが、というわけではないのですよ。

ほら、こんなにイヤイヤ仕事から帰ってくる父の姿を見て、子どもはどう思うのか…

「仕事って、そんなに大変なんや。…大人になるのイヤやな…」

大人になるのって、本当に楽しいんやで!
こんなこともできるし、あんなこともできるし!
仕事ってええでぇ!怒った人にも出会うけど、自分の行動いかんで、人を笑顔に変えられるんや!

そんなことを伝えられたら、素敵やないですか。

「でも、仕事…好きになれない」

そう。そうなんですよね。
そこでですね、僕が小栗旬に似ている話に戻るのです。

■ 僕が小栗旬なら、あなたの仕事にも好きなものが見つかる?

【引用】営業のコアな仕事は「売る」ことですが、「売る」ためには、「話すこと」「聞くこと」「書くこと」「データを分析すること」など、さまざまな仕事が複合的に入ってきます。

その中から自分が伸ばしたい分野を見つける。(中略)

仕事に携わっているときに、自分がおもしろいと感じたのは、どの部分だったか。複合的な仕事を最小単位まで分解してみると、次に自分のやってみたいことがはっきりしてきます。

今の仕事の中には、必ず次にやりたい仕事の「芽」があるはずです。

【出典】サンマーク出版『枠からはみ出す仕事術』P128 著:美崎栄一郎

局部で見れば、素敵な俳優にも勝るとも劣らない部分が僕にもあると思うんです。

このミトコンドリアなら小栗旬にも勝てるな、みたいな、なっ!!

仕事も勉強も、細分化してみたら、もしかしたら好きな部分が見つかるんじゃないでしょうか。

「仕事嫌い…でも、メールの返事はピカイチ早くできる。」
「数学嫌い…でも、ノートをきれいにまとめるのは好きかな」

そこを切り口に、仕事・勉強が好きになれるかもしれないし、
その切り口を広げれば、新しい仕事に出会えるのかもしれません。

で、一日一日の仕事の中で、1mmのよかったことを見つけて、

「今日お父さん、これこれで人に喜ばれたったで!」

家族に報告する。
心配させっぱなしの家族を、少しは安心させられるかもしれません。
そして、仕事・勉強が少しずつでも好きになれるかも。

ウソつく必要はないと思うんです。
1mm、本当によかったこと、好きになったことを話すだけ。

心と言葉が離れちゃうと、なんか悲しいですから。

さ、今日も「たっだいまぁ~」で帰ろうかな!

僕「たっだいまぁぁぁぁぁぁ!!」
嫁「しっ!!!…もう!せっかく寝てたのにぃぃぃ!!」

■ ツイッターフォローありがとうございます!

ありがとうございます!


« »

“仕事(勉強)が好きになれないあなたへ” への1件のコメント

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。すごく良い記事でした。嫌な仕事の全体を見ると、あれも苦手、これもイヤ、だからキライ となりますが、細部に着目すれば得意なことや好きなことが見つかる・・・。なるほど!と勉強になります。コピーライターで自己啓発家の ひすいこたろうさん も似たような事を本で書かれていたように思います。ひすいさんの場合は人前で話すのが大の苦手(本人いわく、赤面症なのだとか)なのに営業に配属され、もうイヤでイヤで、業績も当然最悪という毎日だったそうです。ところが、情報を整理する事や、文章で人に伝える事は苦にならない事を発見し、特技を活かした営業活動に切り替える事で業績を上げ、小さな会社とはいえトップセールスマンになったのだとか。「今の仕事の中には、必ず次にやりたい仕事の「芽」がある」。私も自分の仕事を見つめなおしてみたいと思います。素敵な話題をありがとうございました。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

コメントを残す