これ見よがしに校則を破る人の気持ちって?

中学生のあなたに伝えたいこと

[`evernote` not found]
LINEで送る

校則を破る

Q:これ見よがしに校則を破る人の気が知れません。
A:勉強や部活をがんばっている人と変わらないかもしれません。

■ 誰だって特別に思われたい

「特別に思われたい」

高瀬などは本当にこれの固まりでございます。

「誰かにとっての特別な存在になりたい」
「自分には価値があると思いたい」

教育の現場では「自己有用感」なんて言ったりしますが、この「自己有用感」を持ちたいという思いは、誰にでもあるものなのでしょうね。

この思いから、人から認めてもらいたいのだと思うのだし、特別に扱ってほしいと思う。

■ 自己有用感を持ちたい思いが生む陰と陽

人に認められたいと勉強をがんばったり、仕事を一生懸命やったり、部活、スポーツにはげんだり。

そういうものの原動力になっているのならまだいいのですが、

「どんだけやってもダメだ」
「自分が努力しても人に認められるわけない」

なんて思い出したら大変。
力の向きが180度変わります。
大きく変わる、大変。

「うっせぇ!携帯もってきて何がワリぃんだよ!!」

校則をやぶって見せることで、自分の力を示します。皆がやぶれないルールを俺はやぶれるんだぜ、俺は特別なんだぜ、と。

極端に考えると面白いですよ。

「目立ちたいなぁ。自分のことでニュースにならないかなぁ。うんそうだ、ノーベル賞をとって新聞の一面を飾ろう!…いや無理だな。あっ!そうだ、大犯罪で一面を飾ればいいんだ!それならできそう♪」

根本は同じなんですよね。

そう、人に認められたい、特別に扱われたい、自分に注目してほしい!…そういう思い。

■ 誰かに認められるためにやっていたら

「誰かに認められるため」

どっかどっかで、こういう目的を持って行動しているところがあります。

あなたはどうですか?
僕などはほとんどがそうです。

相手から認められるためにやっている、それは危うい行動かもしません。

人が認めてくれるかどうかは、人次第ですから。

認めれることもあるでしょうが、認められないことだってあります。
注目されないことがほとんどです。

簡単に注目されるためには、相手がイヤがることをすればいい。

「彼を嫉妬させたくて、つい…」

これ見よがしに校則をやぶる人と僕は対して変わりません。

人に認められたいからやる…その領域から、自分が誰かの役に立つと思っているからやってるんだ!そんな領域にいければ、ちょっとは変わると思うのですが。

さ、校則をやぶっている誰かのことより、自分のことですって。

あなたは、どうなんですか?

photo by: shinealight
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »