チャンスが舞い込んでくる四字熟語

斎藤一人さんのアイデアでブログ

[`evernote` not found]
LINEで送る

チャンスが舞い込んでくる四字熟語

「俺が有名になったからって、
そんなやさしくされても、ねぇ?」

【概要】チャンスを運んでくれるのは人。だから一期一会…ではなく…

■ チャンスを運んでくれるのは

【引用】チャンスって人が運んできてくれるんだよ。

【出典】PHP研究所『斎藤一人の人を動かす』P177 著:永松茂久

よくよく考えるとそうですよね。

頼りにしてくれるのも人。
頼みごとをしてくれるのも人。
お金を払ってくれるのも人。
相談してくれるのも人。
書いた物を読んでくれるのも人。

チャンスをくれるのは、人です

でも、ここで陥りがちのワナが、人は人でも権力者だけが「自分にチャンスをくれる」と思ってしまうこと。

偉い人や成功している人、社長やテレビに出てるような有名人…そういう人は特に自分にチャンスをくれるような気がします。

そういう人ばっかり大事にしてたら、なんていうか、ヤな奴です。

「大事にするな!」

というわけではなくて、、、
そうそう、こんな四字熟語を斎藤一人さんが教えてくれているので、紹介させてください。

■ チャンスが舞い込んでくる四字熟語

【引用】自分のところに来てくれた人を一生懸命大事にして、相手の重要感を上げることに集中しな。そうすればおまえの魅力がどんどん上がって、勝手に協力者が出てくるんだよ(中略)

いいかい、一期一会じゃなくて、一会全力だぞ。どれだけの人を大切にしてきたかがその人の人生の価値になるんだよ。

【出典】PHP研究所『斎藤一人の人を動かす』P177 著:永松茂久

偉い人、権力者、成功者、こういう人たちが、ただでそうなれたわけなんてないと思うのですね。
つまり、ただ者じゃありません。

「あぁ、俺に媚び売ってるな」

見抜けないわけない。僕のなんかバレバレだろうなぁ。

ただ者じゃない人ばかりではなく、今、目の前に来てくれている人を大切にするのが素敵です。

一期一会じゃなく、一会全力。

チャンスが舞い込んでくる四字熟語とは「一会全力」です。

さて、僕はあなたに全力の記事が書けているのだろうか。

お越しいただき、ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

photo by: dhilung
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »