ブレイン・ストーミングが成功するには

アイデアの作り方


ブレイン・ストーミングが成功するには

「電源入れて。
そしたらブレインがストーミングするから」

【概要】くもってダメに見えるのは、磨いてないだけ~マルコーニ・R・ニコラウス~

チームでブレイン・ストーミングするのでも、一人ブレイン・ストーミングするのでもいいのですが、

「これができたらブレイン・ストーミング成功」

というのがあるようです。
あ、そういえば「悩んでる」とか「考えてる」っていうより「一人ブレイン・ストーミング中」っていう方がヒネリきいてますね。

話を戻しまして…

■ ブレイン・ストーミングが成功するには

【引用】アイデアに「悪い」ものなどない-そう考えられたらブレイン・ストーミングは成功です。実際にブレイン・ストーミングをする際には、駄目なアイデアなどというものはないと、はっきり示すことが重要です。実現可能性がなければ価値はない、という思いこみをなくす必要があるのです。

【出典】阪急コミュニケーションズ『20歳のときに知っておきたかったこと』P56 著:ティナ・シーリグ 訳:高遠裕子

「実現できなきゃ意味ないやん」

そう考え潰してしまったアイデアがどれほどあるか…。

ブレインがストーミングしないときって(あってる?あってないか)、出るたびボツにしちゃってるんですよね。

「どうせ検索にひっかかりにくいサイトなんだから、それを利用して、『このページ、googleで探せたら○万円!』なんて企画は?」

「金かけてもね。」
「その金広告に使ったほうがええやん。」

アイデア出すたび、二回叩かれる、みたいな。

ストーミングしないわけですよ。ま、チームでやってなくても一人のときだってそうなんですけどね。

「ホテルの人に頼んで、カクテルに婚約指輪を入れといてもらう…いや、キザすぎやろ。飲んでもたらどうすんねん。レントゲンとってお医者さんから、『ここですね、ダイヤは。で、返事はもちろん?』なんてなったらどうすんねん。断りきれへんやん♪」

いちいちボツにしてたら次のアイデアが浮かばんです。

チームにしろ一人にしろ、ブレイン・ストーミング成功の秘訣は、「駄目なアイデアなんてない」と考え否定しないこと。

「いいねぇ!さらにこうしてみたらどう?」

なんて、みんなで磨きをかけていけたら、一番のボツネタが光り出すかもしれません。

さ、僕も一人ブレイン・ストーミングに励むかな♪

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
たくさんのアイデアに恵まれますことを♪

あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

【引用】くだらないことを、大マジメにするのです。そうすれば、立派なことを立派にするより、偉大な業績が生まれるのです。

【出典】ダイヤモンド社『中谷彰宏名言集』P182 著:中谷彰宏

photo by: Dave Dugdale

« »

コメントを残す