素敵な記録「ミス・ノート」

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

素敵な記録「ミス・ノート」

「ミス・ロシア2010…っと記録完了♪」
「だから、そのミスじゃないっつぅの」

【概要】「最も多く間違いを犯したチームが、たいてい勝利をおさめるものだ」~ピギー・ランバート~

素敵な記録集を作るアイデアがあります。
それが、

ミス・ノート」。

ちなみにノートを女性のように扱って呼びかけているわけでも、女性を記録する的なノートでもありません。
いや、そっちの方がさぞかし素敵なノートなんでしょうが、うん、少々異次元の香りがいたします。

そう、失敗日記です。

「いいこと書いていくなら判るけど、『失敗』を記録するの?」

そうです。ミスったことをノートに記録していきます。
そしてこれがとっても素敵な記録になりそうな予感♪

■ 素敵な記録「ミス・ノート」

【引用】失敗ばかりしている人は、失敗日記をつけましょう。毎日あなたがしでかす失敗を記録するのです。ひとつも失敗をしなかった日は、何もしなかった日なのです。ムダに過ごした一日と言ってもいいでしょう。失敗の記録は、あなたの挑戦の記録です。

【出典】ダイヤモンド社『中谷彰宏名言集』P150 著:中谷彰宏

そういえばそうだな、と。

ミスすればミスするほど、その日は何かしらの行動をしたということですよね。
ミスの度合いによっては、その行動を「挑戦」と言い換えられるかもしれません。

「ミス・ノートなんてネガティブな…」

と思いきや、この記録がたまれば、

「俺、挑戦してるやん。毎日がんばってるやん…生きてるな、俺」

と感じれやしないでしょうか。うん、感じれるはず。
小さいメモ帳だっていい、evernoteでもいいかもしんない。
さっそく始めてみませんか♪ミス・ノート。

えっと本日の高瀬のミスは…な、ないぃぃ!挑戦してねぇ…ムダに過ごした一日なのか!?いや、今からでも遅くない、ミスしよっ。

長い文章、最後までおつき愛いただき、ありがとうございました…、あっ変換ミス♪ノート、ノート、記録、記録♪♪
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

【引用】行動する者は間違いを犯す。ランバート・コーチは「間違いは行動から生まれる。ところが成功もそうなのだ」と私に教えてくれた。

間違いと無縁の人というのは、たぶんじっとしたまま何もしない人だろう。それこそ実は、たいへん大きな間違いなのである。

【出典】ディスカヴァー21『育てる技術』P80 著:ジョン・ウッデン スティーブ・ジェイミソン 訳:弓場隆

photo by: yunguyen666
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »