行動力を加速させる考え方シフトチェンジ

すぐやる人のアイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

行動力を加速させる考え方シフトチェンジ

いつから僕は「できそうにもない」といって、
パズルをやらなくなったのだろう

【概要】「できるか、できないか」ではない。「やるか、やらないか」。

板垣恵介さんの『バキ』という漫画を読み続け、最終章にあたるのかな。『範馬刃牙』を読み終えました。

殴り合ってるシーンで暴力的ですけど、なんか心にスーっと染みたのでご紹介。

【引用】防御の一切を忘れろ
重心を前足拇指球へと集めろ
打ち込むことだけに集中しろ…
その他一切を濁りとしろ
己の全存在を乗せた”拳”は全てに勝る
通用するもしないもない
思う必要すらない
“強さ比べ”ってな
そういうもんだぜッッ

【出典】秋田書店『範馬刃牙37』P19-26 著:板垣恵介

なんか自分って防御ばっかりやなって。
保険ばっかりかけて生きている気がしまして。
なんかそれでハッとしたんですよね。

<通用するもしないもない>

通用するかしないかばっかり考えて、結局やろうとしない。
そんな自分です。

■ 行動力を加速させる考え方シフトチェンジ

「通用するかしないか」、「できるかできないか」の考え方からシフトチェンジしてみませんか。

「やるか、やらないか」いや、「やるか、やるか」の「とにかくやる」「やってみる」に。

【引用】できるかできないかが大事なのではなく、「できる」と思うことでやる気が出ることのほうがずっと大事。

【出典】サンマーク出版『「時間がない」から、なんでもできる!』P55 著:吉田穂波

根拠なく「できる」と思っちゃえば、やる気も起きますよね。
いやもっと突き抜けて、範馬勇次郎さんがいうように、<通用するもしないもない。思う必要すらない。>ですよ。

この領域までいっちゃえば、行動力に加速度がついてくるんじゃないでしょうか。

僕は本当に「やらない理由」「できない理由」ばっかり考えて、行動にうつさないことがどれだけ多いか。
その考えている時間に一歩でも進めれば、ぜんぜん違ったところにいけるのに。

「できるかできないか」の考え方から「とにかくやってみる」にシフトチェンジしたいと思います。

長い文章におつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »