『のぼうの城』で野村萬斎さんのファンになりました

日常ホイホイ(雑記)


【概要】のぼうの城名言「わしは嫌じゃわしだけは嫌じゃ!」

■ のぼうの城

のぼうの城』を観たんです。
戦国末期の話。豊臣秀吉側、石田三成の勢力2万人の大軍が、「のぼう様」成田長親が城代をつとめる忍城に攻めてきました。

相手側の使者は、高圧的に

「城を明け渡すか…戦と申すば我ら2万の兵が揉み潰す!はよ、返答せぇ!!」

と脅してきます。

武将たちの中では「戦はしない」と決まっていましたが、その場になって成田長親はコロっと答えを変えました。

「腹は決まっておらなんだが、今決めた。」
「なら、はよ聞かせ」
「戦います」

その返答に驚いた武将幹部たちは「しばし!」と、使者に噛みついていく成田長親を羽交い締めに別の部屋に連れて行き問いただします。

「さんざん議をつくしたではないか!ここは抑えろ!ガキかてめぇは!!」

■ 『のぼうの城』名言

そこで言い放つ成田長親(野村萬斎さん)のセリフがめちゃくちゃしびれます。

【引用】武ある者が 武なき者を足蹴にし
才ある者が 才なき者の鼻面をいいように引き回す
これが人の世か?
ならわしは嫌じゃ
わしだけは嫌じゃ!

【出典】映画『のぼうの城』成田長親(野村萬斎さん)のセリフ

これ言える?
もうみんながそうなら、「うん、それで」と言ってしまうのが僕です。

「わしだけは嫌じゃ!!」

しびれまくりました。
最後、石田三成と対面し、そこでのセリフも格好いいです。
ぜひぜひ。

原作は小学館文庫より『のぼうの城 上』『のぼうの城 下』と出ています。和田竜さんの作品。
読んでみたいですね。


« »

“『のぼうの城』で野村萬斎さんのファンになりました” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。私も「のぼうの城」見ました。面白かったですね。2万VS500人・・・20倍の軍勢を相手に、のぼう様はどこに活路を見いだすのか!?、興味津々でした。単なるフィクションではなく史実を元にしていますので、多少脚色されているとはいえ、ある程度は事実なわけで・・・20倍の敵に囲まれて「武ある者が 武なき者を足蹴にし…うんぬん…わしだけは嫌じゃ!」と戦いを決められるか・・・うひー、僕にはムリっす。命がかかっている場面、絶体絶命の場面、20倍の敵に囲まれてピーンチな時・・・普通なら白旗無条件降参か、さもなくば籠城で全滅ですよね。ですが戦いはあくまで人vs人。やってみなくちゃわからない。20倍の敵だからといって1人が20人を斬り殺す必要はないわけで、算数では無いわけです。また誰を味方にし、誰を敵にするのかという点も重要です。のぼう様が敵を退けたのも、そこに理由があったと映画では強調されていた気がします。ピンチな時、絶体絶命な時、凡人の僕たちは、冷静に、論理的に考えなければと思い、つい算段してしまいますが、そうではなく「ノリ」と「勢い」と「感情」にまかせて、計算抜きで全力で努力してみると、事態は意外な方向に進む物かもしれません。人生も教育もビジネスも人vs人。のぼう様に学ぶことが多そうです。あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

    • 高瀬賢一 より:

      いやぁ、あれほどまでに好かれる城代。城主が泣きますよね(笑)

      これは原作を読んでみたくなりました。
      そして歴史小説っていいんでしょうね。『梟の城』とか『新撰組血風録』ぐらいしか読んだことないんですけど、『竜馬が行く』とかも読んでみようかしらん。

      コメントありがとうございますっ!

コメントを残す