ノードリームジャンボ、買う?

アイデアのアイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

ノードリームジャンボ、買う?

【概要】必ず当たる宝くじ。普通なら買うかもしれない。しかし、買っているうち、そこには夢がないことに気づくだろう。

■ アイデアフレーズ

【引用】
村長「絶対当たるって判ってる宝くじなんて、誰だって絶対買うだろう?」
リク「普通は買うでしょうね」
村長「お前はなぜ買わない?…金持ちだからか?」
リク「違います。そんなのもはや宝くじじゃないからですよ」
村長「だろ?そうだろ?そんなの、もはやノードリームジャンボだろ?ドリームどっかいっちゃったよ」
リク「話題もどっかいっちゃいましたよ…どこが重要な話なんですか」
村長「つまり、結果も人間も判らないからこそ面白い
だけど人間は弱い
だから一人じゃ生きられない
だからこそ助け合う
って、そういうシンプルな話だよ」

【出典】『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』セリフ:リクと村長

■ ノードリームジャンボ、買う?

フレーズと呼ぶにはあまりにも長い引用ですが、ご了承ください。

「絶対当たる宝くじ」

買います。僕なら絶対買う。
でも…言われてその通り…、ドリームジャンボじゃないですよね。

それはもう、ノードリームジャンボ。

当たり前…当たるまでもなく決まってしまっている結果。
最初はうれしいかもしれませんが、当たり前には「有り難み」がまったくなく…色あせる。

では、僕らをドリームに駆り立てるものってなんなんでしょうか。

「結果が判らないこと」

なんですね。結果が判らないからこそ面白い。白熱する。燃えられる。

外れがあるからこそ、当てる醍醐味があるのでしょうね。

当たり外れは、紙の表裏のようなもの。
表がない紙もなければ、裏がない紙もない。

当たり外れ、そのどちらが失われても、ドリームは存在できないのですな。

失敗するから成功が嬉しく、
敗退があるから勝利に喜べる。

どちらもなくてはならないものなんですね。

さ、外し、失敗し、敗退しまくって、隣の人と支え合いながら、ドリームめざし生きていきたいと思います。

長い文章、最後までありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

■ 高瀬賢一の一言

高瀬賢一

高瀬賢一

嫁様「あなたの夢って何なの?」
高瀬「そりゃ、普通の家庭を築くことさ!」
嫁様「そのお口が、よくもそんなことをのたまえるものよ」
高瀬「慇懃無礼攻撃ね」
嫁様「はっ!普通の家庭…築いていただきたいものだわっ!!」

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »