教えるプロの基準

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

教えるプロの基準

「関数のFREQUENCYを使って…」
「…クガァァァァ…」

【概要】人は楽しくなら学べる。楽しく学んでもらえるよう話せたか、書けたかが『教えるプロの基準』。

■ アイデアフレーズ

【引用】人は、お説教を求めてるんじゃないの。人って、楽しくなら学べるの。(中略)

難しい話をより難しく話し、より難しく書く人は、自分を偉く見せたい人なんだよね。
理解できないのは、相手の頭が悪いからではないんだよ。
話を聞いた人、話を読んだ人がわからなければ意味はないよね。
だから、私は小学校三年生の人が聞いたり、読んだりしてもわかるようにしてあるんだよ。
私の話がわからなかったら、それは私の伝え方が悪かったせいで、読んだ人のせいじゃない。
それが私の基準なんだ。

【出典】KKロングセラーズ『斎藤一人 仕事がうまくいく315のチカラ』P194,195 著:斎藤一人

■ 教えるプロの基準

ガツンっとやられますよね。
僕が書くこと、話すこと、それが伝わらなかったら全部自分のせいなんですよね。

さらに、難しく書くのは「自分を偉く見せたいから」…ギャフン…。

専門用語を使ってしまう、というのはどうも自分を「すごい人」「偉い人」と思ってほしいからのようです。

本当にすごくて偉くて尊敬されるような人「教えるプロ」なら、難しい専門用語をわかりやすく伝えるのでしょうね。

池上さんがすごいわけだよ。

基準ぐらい「教えるプロ」のものを持ちたいと思った高瀬でございます。

よし、斎藤一人さんやら池上さんやらの「教え方」「伝え方」をTTPするぞ!!
おっと、また悪い癖が…徹底的にパクるぞ!!

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

■ 高瀬賢一の一言

高瀬賢一

高瀬賢一

嫁様「私に話が伝わらないからって、イライラするのやめてよね。」
高瀬「あぁ?!」
嫁様「あなたが悪いんだからね!肝心な背景の説明もなしに話し出すんだから意味わかんない!」
高瀬「…ぎゃふん…」

photo by: Ed Yourdon
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »