麺屋竹田 in 長野市「味噌ラーメン嫌い、嘘でした!」と言わしめるラーメン屋

日常ホイホイ(雑記)


麺屋竹田in長野

【概要】味噌にこだわりぬき(多分)味噌に命をかけ(多分)味噌ラーメン嫌い(僕)をうならせる

え?グルメリポート??アイデアホイホイ違うやん!

すみません。違いますね。
ただ、あまりにも美味しい、県外からも食べに行きたくなる、そんな味噌ラーメンを食べさせてくれるお店がありましたので、紹介させてください。

■ 味噌にこだわり抜いている…感じ(私見)

麺屋竹田in長野市、メニュー

僕は味噌ラーメンが好きではありませんでした。
行ってビックリしたのは、麺屋竹田さんには味噌ラーメンしか置いていません。

…食べるしかない…

味噌の味は三種で、信州・九州・北海道です。

甘口好きは九州、濃口好きは北海道、どっちともいえないなぁ…って方は、やや濃口の信州を選べばいいと思われます。

味噌ラーメン嫌いの僕ですが「どうにでもなれ!」と強気で北海道(濃口)を注文しました。
トッピングで一枚炙りチャーシュー。

結果は題名の通り。香りで涎がでます。

■ 何?このチャーシュー!!

このチャーシューを見てください。

麺屋竹田in長野

これ、伝わりますかね。

このチャーシューを食べてしまうと、もうそこらへんのパっサパサしたチャーシュー食べられなくなりますよ。

肉厚でありながら固くなく、かといってとろけるほどやわらかすぎない。
もう、まさにラーメンのためにある焼き豚、チャーシューといった感じです。(ノーマルには入っていないので、ぜひトッピングしてください)

このチャーシューだけで食べに行きたくなってきます。

■ そして味噌スープに麺

濃口、もうなぜかわかりません。
なんで僕、味噌ラーメンを食べられるのでしょう…

よくわかりませんが、挽き肉、ニンニクチップとタマネギを炒めたようなものが入っていたりして、濃厚に食欲をそそるのです。
めっちゃ味、濃い…なのにすすみまくる。
で、ごらんの通りです。
汁までいただきました。

麺屋竹田in長野市、ごちそうさまでした♪

麺はコシのある太麺。
濃い味に負けない食感で、汁をからめながらズズズっといけます。

僕、味噌ラーメン嫌い、嘘でした!

■ 赤ちゃん連れファミリーで行けるラーメン屋

麺屋竹田in長野市、赤ちゃん連れでも♪

乳飲み子や赤ちゃん(うちは2歳児)を連れて行くなら、おすすめは午前11時です。

座敷は二つあって、赤ちゃん用の椅子も用意してくれます。
取り皿、スプーンも♪

麺屋竹田in長野市、店長さん

ごつい感じの店長に、おそるおそる

「赤ちゃん用に、うす味でミニチャーハン作ってくれますか?」

というと、

「いいですよ!」

もう喜んで!という感じで作ってくれました。

これまたやさしい味なんです。
うちの二歳児も大満足で、お腹いっぱいで食べられなくなっているのに、

「ダメ!まだたべるの!!」

大人も子どもも大満足のランチでした。

味噌ラーメン嫌いの人も、よかったら一回行ってみてください。ほんまになんか、、うん、もう言葉はいりませんね。

以上、グルメリポートでした♪
おつきあいいただき、ありがとうございました。


« »

“麺屋竹田 in 長野市「味噌ラーメン嫌い、嘘でした!」と言わしめるラーメン屋” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。うは、味噌ラーメン・・・うまそーーー。え、高瀬さんミソラーメン、苦手だったんですか!?うーん、もったいない!。私は大好きですが、いやー、これはウマソウです。私のいる名古屋では台湾ラーメンが有名ですかねー。挽肉を入れたピリリと辛いラーメンです。でも正直、個人的にはミソラーメンの方が好きなんですw。人が喜ぶものを提供するのって、どんな商売でも素敵ですね。しかも赤ちゃん用のチャーハンを気持ちよく作ってくれるなんて、ラーメン屋の店主、強面なのにヤルじゃないですか!。ほれましたw。長野はちょっと遠いけど、機会があったらゼヒ寄ってみたいですね。「あのな、成功するって簡単なんだよ。相手の気持ちになって動けばいいんだよ。人って理屈じゃないの。感動で動くんだよ。」(斉藤一人さんの言葉:永松茂久:感動の条件:KKロングセラーズ)」。赤ちゃん用のメニューを快く作ってくれる店主さんは、文字通り感動を人にあげる商売ですね。私も見習わないといけません。はい・・・。あ、グルメレポート見てたら、おなかすいてきた!w。あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

    • 高瀬賢一 より:

      みそラーメン!食べに行きましょう!!
      本当にここの店長、素敵店長ですよ!

      長野にいらしたときは、ぜひ!ですっ!

コメントを残す