とにかく始めてみる。結果ダメでも…

すぐやる人のアイデア


とにかく始めてみる。結果ダメでも…

「おい…そんなに気になるなら声かけてみろよ♪」
「いや、きっとMac、くれないと思う」
「そっち!?」

【概要】「巧遅は拙速に如かず(孫子)」車のバックギアがついているのは、バックするためではない。退散するためではなく

■ とにかく始めてみる。

【引用】巧遅は拙速に如かずー孫子

【出典】クロスメディア・パブリッシング『一流役員が実践している仕事の哲学』P33 著:安田正

いやぁ、もうこの名言に助けられまくっているので、紹介しまくっています。

色々な仕事、後回しにする理由ってたくさんあるんですよね。
そんな中で終業前、僕がよくするのはこの言い訳。

「どうせ後5分ほどじゃ、たいしたことできないし、キリのいいところまでいかないからや~めたっ!」

でも拙速拙速!できるとこまでやればいいねん♪

なんてやり始められます。孫子さん、ありがとうございます。

似たような理由で、
「どうせ今の俺がやったって、たいしたものできへんから…」とか、
「自分一人の力なんて無力。やったって意味ない」
なんて、できあがりが稚拙、効果が感じられないからやらない、というのもありそうです。

■ バックギアがついているわけ

でも、どれだけ稚拙に仕上がろうが、なんだろうがやってみりゃいいと思うのです。
やってみてダメならバックギアを使えばいい。

あ、そうそう、車のバックギアって何のためについてるか、ご存じですか?

「後ろに下がるため?バックするためだもんね?」

僕もそう思っていました。

【引用】違う。バックギアは、バックするためにあるんじゃない。方向転換するためにあるんや。そこに行ったら間違っていたということに気づいたとき、違う行き先を見つけるためにバックするねんど
(中川電化産業株式会社の河中宏社長の話)

【出典】サンマーク出版『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!』P88-89 著:中村文昭

■ とにかく始めてみる。結果ダメでもバックギア♪

できたものが稚拙でも、効果が感じられなくても、バックギアに入れればいいんですね。

バックギアに入れる…
それは退散すればいい、バックしていけばいいというわけではなく、車と同じで、方向転換すればいいんだ、ということです。

勇気でません?

「できあがりが悪くなったなら、方向転換して作り方変えたらいいんだから、とにかく作ってみなよ♪始めてみなよ♪」

バックギアがついている意味を知り、僕の中で拙速のチカラがUPしました。

とにかくやってたいと思います。
どんだけ小さくても、効果を感じられそうになくても、できあがりが稚拙になりそうでも。

僕の拙作な文章におつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

■ 高瀬賢一の一言

高瀬賢一

高瀬賢一

小さいことでもやってみる、ってなわけで、中学校の子ども達との関係づくりに「ハイタッチ挨拶」を始めてみました。

金先生に教えてもらった方法なんですが、やってみてわかることがあるもんですね。
また、あらためてご報告したいと思いますけど、よかったら明日、同僚の方とかクラスメートとやってみてください♪

photo by: Ed Yourdon

« »

“とにかく始めてみる。結果ダメでも…” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。「バックギアは、バックするためにあるんじゃない。方向転換するためにあるんや。そこに行ったら間違っていたということに気づいたとき、違う行き先を見つけるためにバックするねん」・・・知りませんでした!目から鱗です。後退するためじゃなくて方向転換というあたりが、前向きでポジティブです!しびれますね。こんな話を読みました。かつて黒船が来航した折り。黒船の最新技術、蒸気機関に日本中が騒然となります。そんな中、宇和島藩の殿様が、なんと手先が器用だというだけで、街の提灯屋のカゾウさんに、黒船制作を依頼します。「カゾウさん、黒船つくってよ」「え、ムリですよ」「いやいや、できるでしょ、あんた器用だし」・・・こうしてカゾウさんは七転八倒、苦労します。当然失敗ばかり。カゾウに作れるなら目鼻を斬っても良いという者まで現れる始末。でもカゾウさんはアキラメません!。そして依頼から6年、欧米の最新技術の蒸気機関を、なんと一介の街の提灯屋が作り上げてしまったそうです。ネバー・ギブアップ!おそるべし。(参照:ひすいこたろう/ひたかみひろ:ニッポンのココロの教科書:大和書店)。バックじゃなくて方向転換、つねに気持ちは前向き!。そういえば坂本龍馬も「漢なら死ぬときでも、前のめりで死にたい」といったそうで。いつも素敵な話題をありがとうございます。子ども達とのハイタッチ、素敵ですね!。私もそんな先生に出会いたかったです。あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

    • 高瀬賢一 より:

      最近、僕の手を思いっきり痛めつけるためにタッチしてくれる子が増えました。かわいいですね。痛すぎます。

      いやぁカゾウさん、めちゃぶりされてんなぁ。
      すんごい話ですね。
      なんでもやってみるもんですね!!
      よっしゃ!ぼくもやるぞ!!

コメントを残す