600円を何百万にする基本的な教え

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

600円を何百万にする基本の教え

(うわ、取りすぎた…戻したい…戻したい!!)

【概要】そば屋繁盛店で600円のもりそばを食べ、その味を味わいつくした後は、接客方法、メニューの書き方などをお持ち帰り。

■ 600円を何百万にする基本的な教え

【引用】繁盛してるそば屋へ行って、600円のもりそばを食べる。
600円払ったら、そこのそばの味が見える。従業員の態度も見える。そばつゆだって、接客の仕方だってなんだって、店が繁盛するものをお持ち帰りすることもできるんだよ、って。
そしたら、それって、600円じゃないんです。それをマネしたら、毎月、何百万という売り上げになる。

【出典】KKロングセラーズ『斎藤一人 仕事がうまくいく315のチカラ』P54 著:斎藤一人

自分がそば屋で、繁盛するそば屋に行き、タダ味わっていたら600円。
その味をマネよう、モノにしようとしたら何百万。
接客、店の雰囲気、メニューの書き方・並べ方、マネられるものを見つけるほどに600円の価値が膨れ上がる…ということですね。

■ 尊敬する人のマネられるところをマネる

「すごいな!この人!!」

自分の属する世界で尊敬する人がいるなら、その人のことをさっさとマネる。
観察して観察して、観察しまくってマネれば、さっさか、さっさかその人のところまで行ける、というのが斎藤一人さんの教えですね。

僕、すごい人に出会ったら、タダタダ感心してるだけやもんな。
こりゃ、もりそば味わっているだけですわ。
何か持ち帰らんと、ですね。

中村文昭さんがこんな話をしてくれました。

【引用】TTPについてご存じですか?
他にTKP、OKPというのがあります。

  • TTPはクる、の頭文字です。
  • TKPは当にえてクる、
  • OKPは幅にえてクる、

のそれぞれ頭文字ですね。

【出典】話:中村文昭

■ 自分流を作るなら

物書きなら、尊敬する作家さんをTTP!
書いているものをそのままTTPしちゃうとお縄ですが、書きっぷり、話の運び、段落の使い方、マネできるところをさっさとマネればいいのだと思います。

教師も教え方を即マネる。
営業も先輩と一緒に回らせてもらえるときにめっちゃ観察、即マネる。

そしてTTPから、TKP。TKPからOKPにしていく。そこでできてくるのが自分流、かもしれません。

守破離。学びの基本、「マネぶ」で高瀬もいきたいと思います。
それで「色々な方のおかげさまで、今の自分がおります」っていいたい。うん。

長い文章最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

■ 高瀬賢一の一言

高瀬賢一

高瀬賢一


「エバンゲリオンの劇場版が『守破離』でしたよね」

なんていう一言を入れようと思ったところ、調べてみたら「序破急」でしたね。危ない危ない。

photo by: wakachan
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »