【目標】加速をつけて目標に近づくために

アイデアフレーズ


加速をつけて目標に近づくために

「わかるかい?この列車のデザインの素晴らしさが!」
「…」

【概要】目標を達成して止まるのが一番のロス。

■ アイデアフレーズ

【引用】加速をつけて、上に上がろうとするときに一番大切なことは、大きな目標を持つ。そして、その目標に近づく道標(みちしるべ)を必ずいくつも持つということです。
そして、一つの地点、道標に到達したら、間髪入れず、すぐに次の地点に行こうとするのです。これが加速の法則です。

【出典】KKロングセラーズ『斎藤一人 仕事がうまくいく315のチカラ』P 著:斎藤一人

■ 加速の法則で「燃えつき症候群を撃退」

僕、すぐ燃えつきちゃうんですよ。
燃えつき症候群マスターっていうか…。

あんまり目標もたてないのですが、たてる目標がうまいのか下手なのか、達成できてしまって…

「はぁ~…」

立ちどまってしまう。こりゃもったいない。

もっと大きい目標をたてて、そこに至る小さい目標を設定し、

「できた!はい次!!」

そうやってくるうちに加速度がついてくるのでしょうね。
よし!顔晴ろう!!

今回の記事もかけた!次!!
おつきあいいただき、ありがとうございました。

photo by: kevin dooley

« »

“【目標】加速をつけて目標に近づくために” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。「加速をつけて、上に上がろうとするときに一番大切なことは、大きな目標を持つ。そして、その目標に近づく道標(みちしるべ)を必ずいくつも持つということです」・・・すごいですね。まったくその通りだと思います。「僕、すぐ燃えつきちゃうんですよ。燃えつき症候群マスターっていうか」・・・あはは、わかります。私も実は燃え尽き症候群なんです。ええ。そんな高瀬さんに、次の言葉をお送りしたいと思います。「真の喜びは、自分の成長が感じられる一瞬一瞬にこそあるということ。(中略)目標の確認なんて、たまにするだけでいいんだ。目標はあくまでも、きみをしかるべき方向に導く舵だと考えよう(中略)ある物を手に入れることでも、何らかの目標を達成することでも、その実現を楽しみにしている時間こそが、僕たちをわくわくさせるんだ。(中略)成果へのこだわりを手放し、ゴールに向かって努力し続けること自体を重視するようになれば、おのずと我慢強くなる。(トーマス・M・スターナー:今ここに集中すれば、人生はうまくいく!:PHP)」。成功する!とは、単にお金持ちになることや有名になる事ではないと思います。お金や名声は成功の1つの証ではあるけれど、全てではありません。これで成功したって思った瞬間、あとは下る一方です。思うに成功とは、常に過去の自分を超えていくこと。死んじゃう瞬間まで・・・。とういことはゴール無き果てしない道です。そんな道を歩いて行くにあたり、道しるべとなる「小さな目標、マイルストーン」を置くことはとても大切です。しかしゴールは、そこではなくて、遙か先にある。自分が確かに目標に向かって進んでいる事を確認し、進んでいる事に自身をもって、進んでいくことを楽しみにする。そんなあたりに、極意があるのかもしれませんね。うーん、言っては見たものの、私も全然できてませんが・・・。お互い励まし合いながら、がんばっていきましょうね。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

    • 高瀬賢一 より:

      ブログって本当にゴールが無いんですよね。
      でも、そこが好きです。

      その道すがら、色々な出会いがありますからね。それが楽しいです♪

      本当に、いつもコメント、ありがとうございます!
      がんばりますっ!がんばりましょう!

コメントを残す