【仕事】あなたの仕事はなんですか?

アイデアフレーズ


あなたの仕事はなんですか?

さ、仕事仕事!
まずは俺のグローブをどう取り返すか、だ

【概要】職業は無数にあっても仕事は一つ。それは…

■ アイデアフレーズ

【引用】あなたの仕事はなんですか?「教員です」
いやいや、それは職業ですから、というとキョトンってされるんですよね。
「え…数学を子ども達に教えています」
いや、それも職業ですっていうと、もう混乱なさります。

職業、職種はたくさんあると思うのです。でも私たちの仕事は一つしかありません。
人を喜ばせることです。

【出典】話:中村文昭

■ 職業は無数にあれど、仕事は一つ

あ…そうですよね。突き詰めていくと、仕事って一つしかない。

「人を喜ばせること」

中村文昭さんは、行商をやっているときも、店をやっているときも、集客なんて考えたことがないそうです。

考えていたのは、どうやって目の前の人を喜ばせるかどうか。

勉強になりました。
常に、目の前の人を喜ばせるかどうかを考えていきたいと思います。

…今もっぱらの課題は、嫁様をどう喜ばすかです…
旦那の仕事も、これまた家族を喜ばすことしかないですからね…レベル高っ!

ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

photo by: Eneas

« »

“【仕事】あなたの仕事はなんですか?” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。「私たちの仕事は一つしかありません。

    人を喜ばせることです」。なるほどです!。中村文昭さん、いいこと言いますね~。「あなたの人生を輝かせてくれるのは、実はあなた自身ではなくて「あなたの大切な誰か」です。そしてその人を喜ばせようと思った時、あなたの中にある力は最大限に発揮されるのです(永松茂久:感動の条件:KKロングセラーズ)」と、斉藤一人さんのお弟子さんで実業家の永松さんも言っておられます。誰の本に紹介されていたのか忘れてしまいましたが、こんな話もあるようです。ある学校で、クラスでとても成績の良い子がいたそうです。その子は、いつも授業をまじめに聞き、一生懸命勉強しています。ある時先生が「なぜそんなに一生懸命やるの?」と聞いたそうです。するとその子は「家に、おばあちゃんがいて、おばあちゃんは昔大変だったから学校に通えなくて勉強ができなかったそうなの。私、学校で習ったことを、おばあちゃんに教えたいの」と言ったそうです。そして、その子はついに卒業するまで、クラスでトップの成績だったそうです。自分が有名な学校に行くために勉強する子より、勉強したことを誰かの役に立てたいと思う子の方が、勉強を本当の意味で身につけることができるという事だと思います。なんだかジーンとする話です。自分の身につけた力や知識は誰のためにあるのか?自分のため?大切な誰かのため?・・・いつも素敵な話題をありがとうございます。あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

    • 高瀬賢一 より:

      え、、えぇ話やなぁぁぁぁ!おばぁちゃぁぁぁん!!
      涙ちょちょ切れそうになりました。

      そうか。僕ももっと誰かのために記事書かないとダメだ!
      やるぞぉぉぉ!

コメントを残す