「将来のために行動できる自分」になるエクササイズ

自己啓発アイデア


将来の自分のために

「おい、俺」
「なんだ?…俺」

■ 将来の自分と会話したい

何のCMか忘れましたが、V6の岡田くんが将来の自分3人と会話しているものがありました。

一回自分もやってみたいんですよね。

ドラえもんでも未来ののび太が、現在ののび太に説教だかなんだかをしにくるものがありました。

説教はされたくないのですが、「将来の自分」「未来の自分」と話をしてみたいと子どもの頃から思っています。

思っているだけではなくて、やってみりゃいい!
というエクササイズがあるようです。

■ 「将来の自分からの手紙」というエクササイズ

CMやアニメのように、本当に将来の自分と話ができるわけではないですが、こちらも想像というか妄想というかでコンタクトを取ります。イメージ・エクササイズですね。

媒体は手紙。

将来の自分からの手紙を書くのですよ。

「拝啓 31になった高瀬賢一さんへ。

今のお前がどんなことで悩んでいたか忘れてしまったが、安心しろ。51にもなれば、なんのことはない完全に忘れてしまっている。
あの出来事だって、今じゃ家族の笑い話や。
お前が酒におぼれず、煙草をやめてくれたおかげで、今でもバリバリスポーツができるぐらい健康やわ。感謝しとる。
その頃から書きためてたアイデアホイホイだが…(中略)
それでは達者で。

草々
   51の高瀬賢一より」

このエクササイズ、何がいいのか?
それは、

■ 将来の自分を大切に思うと、行動が変わってくる

将来の自分が、今の自分の延長上にある…というのが、とてもよく感じられることです。

そして将来の自分を大切に思える。

【引用】将来の自分を大切に思い、いま自分が行うことが将来の自分に跳ね返ってくるのだと考えることが重要です。
自分が選択することの積み重ねは将来の自分をつくるのであり、よくも悪くも自分を大きく変える可能性があるのです。

【出典】大和書房『最高の自分を引き出す法』P62 著:ケリー・マグゴニガル 訳:神崎朗子

ものすごく当たり前のことですが、やはり僕は常々忘れているのですよ。

将来の自分を全くの赤の他人のように思い、考えもしていない自分。
こんな自分では、なかなか「健康のために」とか「心を鍛えよう」とか「今練習しとこ」とか思えないですよね。

最近「金使いたいな」なんて浪費癖も出てきてしまったし…。

今日行う小さい小さい選択が、将来の自分を作っている。
本腰入れてエクササイズに取り組み、あらためて認識してみるかな。

長い文章、最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。


« »

“「将来のために行動できる自分」になるエクササイズ” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。「将来の自分からの手紙を書く」ですか。おもしろそうですね。『あした死ぬかもよ?:ひすいこたろう:DISCOVER』に理想の人生を生きた未来の自分が今日のあなたにメッセージを贈るというゲーム(エンプティチェア)が紹介されています。椅子を2つ用意し、片方の椅子に座ります。そこに座っているのは理想の人生を送って老人となった自分です。そこから何が見えるでしょうか、どこにいるでしょうか、どんな服を着ていて、周りには誰がいるでしょうか、理想のあなたは今どんな気持ちでしょうか・・・しばらく想像したら、目の前の空席に現在の冴えない?(俺だけ?)自分が座っているのを想像します。そして理想の人生を送った自分から現在の自分へメッセージを伝えるのです。これ、自分もこっそり試してみました。・・・自分の視点が変わるだけで、今の自分の悩みがどうでも良いことが多い事、本当に手にしたい物に意識を向けて取り組んでいない事に気づくことが出来ました。なんといっても理想の自分です。いやー鋭いアドバイスやつっこみが、出るわ出るわw。「やらずに後悔するより、行動して学ぶことの方が大事なんだ。生きている幸せを実感し、周りの人に感謝し、やさしくする事だ。幸も不幸もないんだ。常に周りに感謝し、今が満ち足りていること、すべての物は自分の魂の成長の為にあることに意識を向けなさい」・・・はい。反省。未来の自分からのメッセージを確かに受け取りました。いつも素敵な話題をありがとうございます。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

    • 高瀬賢一 より:

      MSLABOさん、いやぁ、いつもありがとうございます。
      未来の自分からのメッセージが高尚ですね♪

      あ、映画でね『キッド』ってのがあるんですけど、ブルース・ウィリス主演で。面白いですよ!

      これも未来の自分と出会う感じです。

コメントを残す