ものの見方を変える方法

自分ブランディング


ものの考え方を変える方法

「雨かぁ…やったぁ!雨だ!!!」

■ ものの見方を変えたいときの色々

ものの見方を変えたいとき、って色々ありますよね。

僕の場合、仕事を任されてみたものの、できる自信がまったくないとき、
「自分にはこの仕事ができる!」って思いたいです。

母の場合、ちょっと重い病気を持っているので、「なんで自分ばっかりこんな目にあうの!」っていう見方から抜け出したそうでした。

嫁の場合、「もう一度、愛してみたい…旦那を。愛せるものなら」…。

最後の例は、自分にとって非常に苦しいものがあり、書くモチベーションを削がれまくっていますが、こういうとき「モチベーションが上がらないと書けない」から「いや、モチベーションがなくても書ける」と、ものの見方・考え方を変えたいものです。

「ものの見方」の「もの」にも、仕事であったり、病気であったり、伴侶であったり、人それぞれ色々あり、個人の中にも時と場合で無限にございますが、「見方を変えたい」というときのアプローチ方法は同じでいいかもしれません。

で、最初に告白しますと、どうも「ものの見方を変える」のは非常に難しいようです。

■ ものの見方を変えるのは難しい?「皮肉なリバウンド効果」

【引用】ある研究によって、頭のなかで考えていることをコントロールするのは非常に困難であることがわかっています。
考え方を変えようと思えば思うほど、かえってその考え方にとらわれてしまうのです。
これは「皮肉なリバウンド効果」と呼ばれており、何かについて考えないようにしようとすればするほど、そのことばかり考えてしまいます。

【出典】大和書房『最高の自分を引き出す法』P101 著:ケリー・マグゴニガル 訳:神崎朗子

ありますあります。

「私はあの人なしに生きられない」
なんていうのが、いきなりフラれちゃって、

「あの人なしに生きられない…わけない!」
って思おうとしても、一緒に楽しくランチしたあの店に行っちゃったりして、

「やっぱり、あの人なしに生きられないじゃないのよ!!」
なんて考えにリバウンドしちゃう。

で、リバウンドするときって、前より体重って増えてるんですよね。

「あの人にいてほしい」→「いや、あの人がいなくても生きられる」→「やっぱり、あの人なしには絶対生きていけない!」

余計に元のものの見方を強化しちゃう。
あの人に対する見方は弱まるどころか強くなるばかり。

好きになっちゃいけない、憎んではいけない、自信を持たないといけない、「アイデアホイホイにはろくなことが書いてない」なんて思ってはいけない、
「こう考えてはいけない」と「ものの見方を変えよう」とすればするほど、結果、元のものの見方にとらわれてしまうみたい。

心に直接アプローチするのは、「皮肉なリバウンド効果」もあり危険なようです。

「じゃあどうすればいいの?」

■ ものの見方を変える方法

【引用】愛という気持ちは、愛という行動の結果にすぎない。

【出典】『7つの習慣』P100-101 著:スティーブン・R・コヴィー 訳:ジェームス・スキナー,川西茂

「愛せないです…もう」

相手の見方…失った気持ちを元に戻すのは難しいのですが、その気持ちを受け入れ、行動を変えていくというのがいいようです。

【引用】ものの見方を変えるのに最もよい方法は、自分自身の考えと闘ったりすることではなく、新しい考え方が生まれるような、心と体のゆとりをつくりだすことだと思います。

【出典】大和書房『最高の自分を引き出す法』P101 著:ケリー・マグゴニガル 訳:神崎朗子

気持ち、今のものの見方と真っ向勝負で闘うのではなく、行動や体の状態、環境といったものを変えていく。

日曜、仕事をやる気がおきない。やる気が起きないのにできるわけない…そうやんな、そう考えても仕方ないよな…と一旦気持ち・考え方を受け入れる。

そこから仕事しない人がやらない行動をしてみる。仕事をする人の「体の状態」を作ってみる。
スーツを着るとか、休日出勤してみるとか、仕事のファイルを机上に出すとか。

病気で「なんで私ばっかりこんな目にあうの!」という、人生の見方をしてしまうなら、うちの母親のように、できる範囲で旅行にいったり、趣味の版画をしてみたり…そうすることで、見方が変わってくるかもしれません。

相手を愛するなら…えぇ、僕が言うのもなんなので、それはコヴィー先生、代わりにお願いします。

【引用】「愛は動詞である。愛という気持ちは、愛という行動の結果にすぎない。だから奥さんを愛しなさい。奥さんに奉仕をしなさい。犠牲を払いなさい。彼女の話を聴いてあげなさい。感情を理解してあげなさい。感謝を表しなさい。奥さんを肯定しなさい。そうしてみては、いかがですか」

【出典】『7つの習慣』P100 著:スティーブン・R・コヴィー 訳:ジェームス・スキナー,川西茂

長い文章最後までおつきあいいただきありがとうございました。
僕も自分の「ものの見方」を直接変えようとせず、呼吸、姿勢といった体の状態や、行動、環境を変えることで、自分の考え方を変えていきたいと思います。

あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。


« »

“ものの見方を変える方法” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。天パってル時に「ものの見方を変える」のは本当に難しいですよね。末期がんで余命XX月を宣言された人が奇跡的に回復することがあるようですが、回復した人の多くは「私はあとXXしか生きられないんだ。少しでも癌と闘って長生きしよう」と考えた人より「人は何れ死ぬ。それなら、あとXX月を楽しんで楽しんで楽しんで生きよう」と「死ぬこと、闘うこと」から「受け入れること、楽しむこと」に考えを切り替えた人が多数を占めるそうです。『病気を治そうとして、病気と闘う必要はありません。否定的な思考をしないという簡単な方法で、あなたの体は内側から自然な健康状態に戻ることができます(角川書店:ロンダ・バーン:ザ・シークレット)』、『毎日「健康だ」、「元気だ」と肯定的に自分に断言することを習慣化すると(中略)そこへ向かって脳の免疫力が働きます。そして病気の人は病気が治っていき、健康な人は病気しらずでますます強健になります。(徳間書店:苫米地 英人:脳に免疫力を付ければ病気にならない)』。どうやら私たちの体は、私たちが思っている以上に心の影響を受けているようです。肯定的な気持ちで事実を受け入れ、ゆったりとリラックスし、愛、安らぎ、笑顔、楽しみで心を満たすと、ものの見方が変わり、結果がついてくる・・・言うのは簡単ですが難しいですよね。そんな時は作り笑いでもいいので笑顔を作ると効果的なのだそうです。カンザス大学のタラ・クラフト教授らの研究によると『意識的に作られた笑顔でも、脳は笑っているから楽しいと認識してα波が発生される』そうで『“笑い”が発端となって作られた“善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK(ナチュラルキラー)細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです(出典:沢井製薬)』。物の見方を変えるためには、笑ってみる!というのはいかがでしょうか?わはははは。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

    • 高瀬賢一 より:

      笑ってみる♪いいですね!!
      もう一緒に笑いまくりましょう!!!
      アイデアホイホイおもしろっ!
      わはははははは!!
      ありがとうございます!

コメントを残す