小さい一歩を賛美する

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

小さい一歩を賛美

■ 最高の自分を引き出す「小さな一歩」

【引用】この研究によって私が学んだのは、大きな変化を起こしたり、大きな目標を達成したりするには、目標までの道のりをできるだけ小さなステップに分け、意志力のトレーニングでもするつもりで、小さなステップにしっかり取り組むのが最もよいということでした。
自分がいまできることよりほんの少し難しいことに挑戦していけば、道のりがたやすくなります。

【出典】大和書房『最高の自分を引き出す法』P51 著:ケリー・マグゴニガル 訳:神崎朗子

意志力の研究に取り組んできたケリーさん。
最高の自分を引き出すためには、小さいことに取り組んでいくのがいい…そういうことを学ばれたそうです。

大きな目標を達成した人を見ていると、いきなり奇跡的なことが起きたように見えますが、地道に小さいステップを積み重ねてきたゆえの達成なんですよね。

当たり前のことなのに、僕は忘れそうですよ。

■ 登山で学び「小さな一歩を賛美」する

唐松岳に登ってきたのです。
そのときのガイドさんの話です。

【引用】一歩一歩を小さくしてください。大きく行こうとすると、くじいたり、踏み外したり、ケガをしやすくなりますから。
稜線のあたりを歩いていたらすごく分かるんですけど、一歩が小さくても、10分歩けば

「え?10分でこんなとこまでこれた?」

と思うんですよね。自分の足すげーなって。

【出典】ガイドさんの話

結果を焦って、成果が早くほしくて、どうしても一歩を大きく踏み出してしまいます。

でもそのたび捻挫してんだよな…自分。

小さくいこうと思います。
ブログするのも、コツコツ小さく。
書籍書くのも、小さくコツコツ。

10分、10日、…10年やれば、えらいことになってるかも。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくありますように。

photo by: Zach Dischner
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »