初対面で一気に相手との距離を縮める方法

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 初対面で一気に相手との距離を縮める方法

【引用】相手の反応を怖がって、思ってもいない社交辞令ばっかりを言うヤツと、相手を信用して本音丸出しでバコーンと『自分の恥』をさらしていくのと、どっちが親しくなれると思う?

【出典】ダイヤモンド社『大富豪アニキの教え』P90 著:兄貴(丸尾孝俊)

■ 初対面で自分の恥をさらしてかかる=信頼を伝える

「兄貴」こと丸尾孝俊さんが教えてくれた、相手との距離を縮める方法。

それは「自分の恥をさらしてかかる」ということ。

もう少し詳しく説明しますと「自分の恥ずかしい話を暴露する」ってことです。

自分の恥ずかしい話やら秘密というのは、親密な関係になってから話すものですよね。
相手のことを信頼しているからこそ、秘密を暴露できるのだから。

逆にいうと、自分が「相手のことを信頼していますよ」と伝えるには、恥ずかしい話を暴露すればいいということになります。

「こんな話を私にしてくれるなんて…」

相手に信頼してもらうには、まずこちらが先に信頼する。
先に信頼して「普通は話さないだろう」というような恥ずかしい話を相手にしてしまうのが、相手との距離を一気に縮める方法なのですね。

■ 初対面で恥ずかしい話をすると覚えてもらえる

さらに初対面で恥ずかしい話をする人なんて、なかなかいないのでインパクトがあります。
だから覚えてもらえる。

【引用】初対面から、完全に本音丸出しで、パーンと飛ばしていくのがええねんて。インパクトやな。なんぼなんでも、初対面から『恥ずかしい話はできない』と、みんな思うとるやろ。『あ、どうも、はじめまして、僕、30歳までオネショ炸裂してました、○○と申します』とか、そんなアホなこと言うヤツ、いてないやろ

【出典】ダイヤモンド社『大富豪アニキの教え』P90 著:兄貴(丸尾孝俊)

覚えてもらえる上に、一気に距離を縮められるのだから、やらない手はないと思います。
うん…勇気がいるけど。

とりあえず、自分の恥ずかしい暴露話を2、3ストックするところから始めたいと思います。

長い文章最後までありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »