初対面で一気に相手との距離を縮める方法

自分ブランディング


■ 初対面で一気に相手との距離を縮める方法

【引用】相手の反応を怖がって、思ってもいない社交辞令ばっかりを言うヤツと、相手を信用して本音丸出しでバコーンと『自分の恥』をさらしていくのと、どっちが親しくなれると思う?

【出典】ダイヤモンド社『大富豪アニキの教え』P90 著:兄貴(丸尾孝俊)

■ 初対面で自分の恥をさらしてかかる=信頼を伝える

「兄貴」こと丸尾孝俊さんが教えてくれた、相手との距離を縮める方法。

それは「自分の恥をさらしてかかる」ということ。

もう少し詳しく説明しますと「自分の恥ずかしい話を暴露する」ってことです。

自分の恥ずかしい話やら秘密というのは、親密な関係になってから話すものですよね。
相手のことを信頼しているからこそ、秘密を暴露できるのだから。

逆にいうと、自分が「相手のことを信頼していますよ」と伝えるには、恥ずかしい話を暴露すればいいということになります。

「こんな話を私にしてくれるなんて…」

相手に信頼してもらうには、まずこちらが先に信頼する。
先に信頼して「普通は話さないだろう」というような恥ずかしい話を相手にしてしまうのが、相手との距離を一気に縮める方法なのですね。

■ 初対面で恥ずかしい話をすると覚えてもらえる

さらに初対面で恥ずかしい話をする人なんて、なかなかいないのでインパクトがあります。
だから覚えてもらえる。

【引用】初対面から、完全に本音丸出しで、パーンと飛ばしていくのがええねんて。インパクトやな。なんぼなんでも、初対面から『恥ずかしい話はできない』と、みんな思うとるやろ。『あ、どうも、はじめまして、僕、30歳までオネショ炸裂してました、○○と申します』とか、そんなアホなこと言うヤツ、いてないやろ

【出典】ダイヤモンド社『大富豪アニキの教え』P90 著:兄貴(丸尾孝俊)

覚えてもらえる上に、一気に距離を縮められるのだから、やらない手はないと思います。
うん…勇気がいるけど。

とりあえず、自分の恥ずかしい暴露話を2、3ストックするところから始めたいと思います。

長い文章最後までありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。


« »

“初対面で一気に相手との距離を縮める方法” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。(さっきコメントしたつもりが・・・反映されていないようなので再投稿します。二重になったら、片方削除頂いてかまいません。)恥ずかしい話・・・私にもあります。思い出すだけで、「あほやったな、俺」みたいな話・・w。恥ずかしい話をする事で相手との距離が縮まるかどうかはともかく、インパクトがあって覚えてもらえることは確かだと思います。なるほど!と思いました。ジェリー・ミンチントンさんの本(新しい自分に出会う本・DISCOVER)に、次のようにありました。「相手に好印象を与えようとするあまり、よくある間違いを犯します。それは、いい格好、いい行動、いいマナーを見せることです。(中略)恋愛であれ社交であれ仕事であれ、一種の詐欺であり、不誠実な行為であることを自覚しなければなりません」。また、この問題を直すためには、「ひとつは自分が隠そうとしている欠点を直すこと」、「もうひとつは、ありのままの自分を相手に見てもらうこと」だと。ただし、ありのままの自分を相手に見せる=あっけらかんと開き直るのではなく、自分を磨き、向上させつつ、その時々の自分を見せる 事が大切だと書かれていました。なるほど・・・。アニキといい、ジェリーさんといい、私には耳の痛い言葉です。ブログでも対人でも、ついつい自分を飾っちゃうんですよね。・・・反省です。素敵な話題をありがとうございます。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように

    • 高瀬賢一 より:

      飾るといえば、僕などは飾りまくりの人生ですよ(^_^;)
      なるほどなるほど、一種の詐欺かぁ…確かに耳が痛い。
      「新しい自分に出会う本」面白そうですね♪
      DISCOVERさんはいい本をプロデュースしてくれますね。
      MSLABOさんによきことが雪崩のごとく起きますように♪

コメントを残す