世界で一番白い点?…になれ?

中学生のあなたに伝えたいこと


■ 世界で一番白い点

「世界でいっちばん白い点って、どんな点?」

真っ白い点?純白の点?

なんのことはない、黒の中の白点なんですよね。
周りが黒いから、白が際だち、世界で一番白い点となる。

僕がよく使わせてもらう、〈コントラストの原理〉です。(cf:『影響力の武器』)

■ 小さい光が目立つ世間

この原理が教えてくれる素敵なことは、周りが暗ければ暗いほど、自分が輝けるってこと。

どれだけ自分の輝きが小さくても、真っ暗闇の中での光は、とてつもなくまぶしい輝きを放ちます。

不況であればあるほど、少しでも明るい会社が目立つ。
周りの雰囲気が落ち込んでいれば落ち込んでいるほど、明るく振るまえる人が目立つ。

周りが暗いからこそ、小さい光が貴重な光なんです。

■ 一位がとれる、この世界

気持ちのよい挨拶、笑顔、よい言葉を使う。
中学生でも高校生でも、いやいや大人でも、これができる人って少ないんです。
ほんとに少ない。

だから、それをやる人はダントツトップで一位なんですね。
一人で走れば、マラソンだって徒競走だって一位ですから。

人がやらない。誰にでもできる簡単なことなのに。
だからチャンスなんです。

■ 光れば愛される

そして、人がやらないからこそコントラストの原理で、今やると目立つんです。

で、先生やら上司やら同僚やらの目に止まります。イヤでもとまります。
世界で一番白いですから。
そして自分に光をくれる人を邪険にしたりしません。愛しちゃいます。

ただ、特定の人にだけ元気な挨拶・笑顔・よい言葉だと、友だちに「何あいつ…」と言われますが、誰にでも同じようにふるまっていれば、そんなことも起こりません。

小さい光を放っているうちに、周りの光に包まれていくんですね。
どんどんどんどん居心地がよくなってきます。

元気のいい挨拶・笑顔・いい言葉。

どうですか?やってみませんか?
お金かからないので、損はない気がします。
やらない方が損な気もしてきます。

以上!中学生に話したことでした。

長い文章、最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。


« »

“世界で一番白い点?…になれ?” への1件のコメント

  1. MSLABO より:

    はじめまして。他の箇所にもコメントさせていただきました。「周りが暗ければ暗いほど、自分が輝ける」ですか。なるほどと思いました。周りや他の人と違う事は、自ずと目立ってキラリと光るのですね。考えてみれば、各個人個人はみんな誰とも違う個性を持った人ですから、誰もが自分らしい個性を発揮すれば、誰とも違う光かる物になれるのかもしませんね。画一的で社会の枠を飛び出ないことが良しとされる世の中にあって、自分の個性と他人の個性を共に尊重する心こそが、今求められている物かもしれません。これからも素敵なメッセージを書き続けてください。「あなたによきことが雪崩のごとく起きますように」

コメントを残す