無駄なものは、ない。(アイデアの上で)

アイデアの作り方


~「ただの時間の浪費」
  そう決めつけているのは、あなたです。~

世の中には、無駄なものがあふれている。
 ・渋滞中、自分以外の車
 ・ポイ捨てされた吸い殻
 ・どうでもいい漫画
 ・知らない単語が並びまくる、コアなジャンルの雑誌
 ・・・・
挙げだしたらキリがありません。
でも、その全てが無駄ではなかったとしたら、どうでしょう?
■ 自分の見方が、全てではないと意識する
物事には、多面的な見方がある…とよく言われますね。
本当にその通り。
人の数だけ見方があると言っても過言ではない。
「いやいや、結局人の意見なんて、ほとんど同じでしょう!」
そう思われたかもしれません。
しかし、同じ意見でも、そこにいたる経緯は全然違うでしょう。
一人一人、今まで積み上げてきた経験・体験が違うのだから。
ま、その話はおいておいて、大切なのはここからです
『自分の見方が全てではない』そう意識するだけで、人は様々な視点を手に入れることができます。
あなたが「無駄」としたものは、見方を変えれば無駄ではなくなるということです。
例えば、私が無駄と判断したものを思い出してください。
 ・渋滞中、自分以外の車
 ・ポイ捨てされた吸い殻
 ・どうでもいい漫画
 ・知らない単語が並びまくる、コアなジャンルの雑誌
 ・・・・
この全てに意味をみいだすことが、できるでしょうか?
できます。
 ・渋滞中、自分以外の車
  →忍耐を教えてくれる。
  →一人考える時間をくれる。
 ・ポイ捨てされた吸い殻
  →拾うことで、社会貢献した気にさせてくれる。
  →ポイ捨てをなくすためには…という問題提起をしてくれる。
 ・どうでもいい漫画
  →自分には見出せない良さが、絶対隠れている
  →新しい視点を与えてくれる。
 ・知らない単語が並びまくる、コアなジャンルの雑誌
  →専門外のことは、学びの宝庫。
  →コアユーザーの獲得方法を見出せるかもしれない。
■ 全てに意味が見出せる。生活が充実する。
『無駄なものはない』と自分に言い聞かせてください。
さらに、『どんなものからも、自分なら意味が見出せる』と強く意識してみてください
素敵なことが起こります。
くだらない会議、授業、人の話、その全てにあなたは、興味・関心を抱くことができます。
ただの浪費であったその時間から、多くの学びを得ることができます。
学びは、生活の充実に直結している。
また、アイデアについて考えても、全てに意味をみいだすことが、どれほど大切かわかります。
なぜなら、
得た学び、教訓は、全てアイデアの肥やしになるから。

アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない
アイデアのつくり方』(ジェームス・W・ヤング)

新しい組み合わせを考える際、その要素に、学んだことが絶対になります。
確かに、今学校で習っていることは、何の役に立つのかわからないかもしれない。
会社の雑多な雑務、研修に意味がないように思えるかもしれない。
でも、必ず、いつか役に立ちます。
また、自分がしたくなかった経験からも、意味がみいだせます。
絶望は、そこから立ち直る力、心の強さを与えてくれます。
失恋は、その悲しさ・苦しみの大きさのぶんだけ、人を愛する力、自分を変えていく活力になってくれます。
少し、しんみりしてしまいました。
何も役に立つものはない…そんな考えで生活していて、活力が生まれるとは思えません。
「何の役に立ってくれるんだろう!?」そうやって価値を見つけながら生活した方が、活き活きできそうじゃないですか?
彼女の買い物、洋服選びに付き合っているとき、少し考えてみてくださいね。
■ まとめ(充実した生活をおくるには…)
 ・自分の見方が全てではないと知る
 ・「全てのものに、意味を見出せる」と意識する
 ・見出した価値に、ワクワクする


« »

コメントを残す