人間のタイプは二つ

アイデアの作り方

[`evernote` not found]
LINEで送る

【概要】あなた……最近、何かに夢中になれましたか?

この記事は、『アイデアのつくり方』(著 ジェームス・W・ヤング、TBSブリタニカ刊)の一部を私なりに勝手に解釈させていただき、さらに解説させてもらいます。

ジェームスさん、よろしくお願いします。

■ スペキュラトゥールとランチエ

氏は、本書でパレートの学説を取り上げています。

【引用】パレートは、この世界の全人間は二つの主要なタイプに大別できると考えた。(中略)この二つのタイプをスペキュラトゥール及びランチエと名付けた。

アイデアのつくり方』P21

本書によると、
スペキュラトゥール(以下スペキュ)とは、『新しい組み合わせの可能性につねに夢中になっている』人たちのこと。
そして、
ランチエとは、『型にはまった、着実にものごとをやる、想像力に乏しい、保守的な人間』で、スペキュさんたちに操られる側の人々のようです。

さて、問題です!
どちらのタイプが、アイデアをつくりまくるのでしょうか?
「当たった方には、もれなく○○をプレゼント!」コーナー並に答えがわかりそうな問題ですね。

はい、スペキュさんたちです。

■ スペキュラトゥールって?

では、スペキュレイトというものを、辞典で調べてみましょう。

speculate 〔…に〕投機する,〔…について〕熟考する
大修館書店 ジーニアス英和辞典

熟考というのは、アイデアに繋がっていそうですが、投機ってなんじゃらほい?
疑問が疑問を呼びます。

とうき【投機】
(2)(speculation)損失の危険を冒しながら大きな利益をねらってする行為
cf)とうきてき【投機的】
危険を覚悟で大きな利益を得ようとするさま。
岩波書店 広辞苑

なるほど、ランチエの『保守的な人間』の部分と真逆のようです。
スペキュラトゥールは、損失の危険を冒しながらも大きな利益をねらい、新しい組み合わせの可能性にいつも夢中なっている人々ですね。
難しい…
とりあえず、わかったことは、

どうやら、アイデアを出しまくるアイデアマンになるには、少なくともスペキュラトゥールに属さなければいけないようです。

では、いったいどうすれば、スペキュラトゥールになれるのでしょうか?
それについては、次回の記事で。
→スペキュラトゥールになるには

■ まとめ

・アイデアマンは、スペキュラトゥール

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »