苦痛な鍛錬か。愉快な鍛錬か。

三日坊主克服、習慣化アイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

【概要】ビジョンを持ってブランディングする

■ 鍛錬が苦痛な人。愉快な人。

同じ鍛錬であっても、人によって苦痛になったり、遊びになったりします。

いったいなぜ?

鍛錬である限り、それ自体が愉しいわけもありません。
でも、その鍛錬をすすんでやる人がいる。
そして、成功をおさめていく人がいる。

キーワードは、鍛錬をする動機です。

■ 動機という名の目的意識

成功する人みんながみんな、好きこのんで鍛錬をやっているわけではない。
むしろ、嫌だけどやるしかないからやっている…という人の方が多いのではないでしょうか。

この、「やるしかない」という意志の強さは、どこから来ているのか?

目的意識です。

鍛錬をし続けた後に待っている、自分の姿を強く意識しているからです。
成功している、また、なりたい自分のビジョンが強く描けているから、鍛錬が続けられるんです。

  • 本を読み続けたら(鍛錬)
    →膨大なネタ壷をもった自分になれる(ビジョン)
  • ・毎日走り続けたら(鍛錬)
    →底なしの体力をもったプレイヤーになれる(ビジョン)

ビジョンの強さは、「本当にこれでいいのか…」という、鍛錬を続けることの迷いもとっぱらってくれます。
目的意識、「こうなりたい!」という動機がはっきりしていれば、どんな鍛錬も続けられるでしょう。

そして、続ければ続けるほど、鍛錬が鍛錬ではなくなってきます。

  • 読んだ本が積み重なっていく…快感
  • 走って汗を流せば、ストレスも流れていく

周りからは鍛錬と見えても、本人にとっては鍛錬でないことがあります。
そうなれば限りない向上が約束されるでしょう。

苦痛な鍛錬か。愉快な鍛錬か。
それを決めるのは、あなた自身です

■ まとめ(鍛錬を続けるには)

  • 鍛錬を続けるには、目的意識(ビジョン)を強く描く
  • 継続は、鍛錬を遊びにする、力なり
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »