逃した魚はデカいの巻

未完アイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

朝、すんごいアイデア思いついたよ。
それを記事にすれば、もう、どんだけの人が役に立つんやっていうような記事ね。

ただ問題があって、、、まぁ、忘れたんよね。

「逃がした魚はデカいなぁ」って話。

■ 逃がした魚はデカい

ま、これ、ことわざなんだろうけど、結局人間ないものねだりだったり、隣の芝生は青く見えたり、後悔する生き物だったりっていうことやんね。

もう本当に人ゆえの業というか、これに苦しめられてますわ。

「教師以外の道があったんじゃないだろうか」
「あのときしっかりリスペクトしておけば、作家だったんじゃないだろうか」
「ドラクエ買ったちゃったけど、FFだったんじゃないだろうか」
「右足から靴履いちゃったけど、今日は左足からがよかったにちがいない」

どんなことにだって後悔するし、選択する毎日、もう一つの逃した道を「あっちがデカかった」といってばっかりなのだよ。

ただいい意味であきらめると、気持ち楽よね。

「人間後悔するもんなんだから、ま、この道でもええやんか」

向こうの道選んでても、進んでいるのは同じ自分、こっちの道を後悔してたんだろうさ。

後悔してなんぼ!この道をどおーおんっと歩いてけ!!が、「逃した魚はデカい…だからどうした!」って話。

ではでは!あなたによきことが雪崩のごとく起きますっ!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »