特別でいたい症候群

未完アイデア


■ ゲームにハマる理由

なんていうか、自分の根元にある欲求みたいなものに気づいちゃったね。

高瀬はゲームをするんですよ。
ハマればとことん、そのゲーム。

ハマらなければ、ハマるゲームを探し、買いあさる。

ゲームにハマっているときも、探しているときも、高瀬を支配している欲求は一つなんですなぁ。

「俺様を楽しませてくれ」

これです。大切なのは「俺様」の部分。

ゲームをハマってやる理由は、ゲームってすぐレスポンスが来るというか、フィードバックしてくれるというか、そういうところがあるでしょ。

レベルが上がる、ゲーム内通貨が貯まる、新しいスキルが使えるようになる、新しい装備が増える、ステージがクリアできるようになる…

何度も何度も、

「Congratulation!」
「あなたはすごい!」
「You Win!」

褒めてもらえる。自分ってすごいんや、と感じさせてくれる。
だからゲームがやめられない。

■ ゲームを買いあさっているときも

ハマるゲームが見つからず、買いあさっているときも同じなんよね。

「俺を楽しませてくれるゲームはないんか!?」

なかなか見つからないときは、「最近のゲームは不作だ」なんて言ったりして、まるで「いい男(女)いない」って言ってる残念な人と同じ状態。

ハマっているときも、ハマっていないときも、結局「自分は特別な存在」というのを感じたいだけなんですね、高瀬は。

■ 衝動買いしているときも、ブログを書いているときも

豪遊しているときも、「こんなにお金使える俺」なんて思いたい。

きっとブログを書いているときも、「誰か人に褒めてもらいたい」って感じ。

特別視されたい、特別扱いされたい、特別な存在でいたい「俺様」。

さて、何にしても気づいちゃったからには、この欲求と上手につきあっていかんとダメです。

さて、どうやって満たそう、この「特別な存在でいたい症候群」の欲求。

あなたならどうやって満たしますか?
高瀬は…未だに悩み、間違っています。

あなたによきことが、雪崩のごとく起きますように。
ではでは!


« »

コメントは受け付けていません。