あなたが×でも、あなたの脳はすごい?

日常ホイホイ(雑記)

[`evernote` not found]
LINEで送る

斎藤一人さんでしたか。

「自分にはできなくても、自分の脳にはできちゃうんだよ」

こんな素敵なことを言っておられました。

「自分のこと信じなくてもいいけど、自分の脳はスゴいって思いな」って感じです。
高瀬はなかなか自信を持てないので、自分の脳さんのことを信じるところからはじめてみようと思います。

脳のスゴい機能の一つで、「情報自動収集機能」ってのがあります。
RASって部分の機能なんですけどね。

■ 脳幹網様体賦活系(RAS)とは

【引用】RASとは、脳幹から大脳全体に向かう神経の束。神経のネットワークです。

【出典】サンクチュアリ出版『学びを結果に変えるアウトプット大全』P114 著:樺沢紫苑

「セレクティブメモリー」とかいう効果も、このRASが原因だったと思います。

「セレクティブメモリー」より、『学びを結果に変えるアウトプット大全』の樺沢さんは、「カクテルパーティ効果」という言葉で説明されていました。

【引用】心理学で「カクテル・パーティー効果」というものがあります。100人以上が参加するパーティー会場で、場内は会話で賑わって、ザワザワととても騒がしい状態。そんな中、どこかから「カバサワ」という名前が聞こえてきたら、かなり騒がしい中でも「あっ、自分が話題になっている」と、すばやく反応するはずです。

このように、人混みや雑踏の中でも、自分の名前や自分の興味があるキーワードを自然に聞きとることができる現象を「カクテル・パーティー効果」といいます。

【出典】サンクチュアリ出版『学びを結果に変えるアウトプット大全』P60-61 著:樺沢紫苑

脳が情報を選んで伝えてくれるんですよね。
膨大な量の音声データから、自分の名前だけピピピって。

要するに脳幹網様体賦活系(RAS)とは「網」みたいなもんです。
ただ大きいものを無作為に拾っていくのではなくて、自分の脳にとって興味のあるものがひっかかっていきます。

タイならタイだけ集めてくる網。超高性能網です、脳幹網様体賦活系(RAS)って。

■ 脳幹網様体賦活系(RAS、Reticular Activating System)を有効活用する

自分の脳にとって興味のあるもの、自分の脳が大事だって思うものが、必ずしも重要じゃないときってありますよね。

高瀬などはオッパイが大好きすぎて、映像から音声から「おっぱい」に関わるものをのきなみRASが集めてくれます。
ちち、谷間、ブラ、よせてあげる、ふわっふわ、わしづかみ…

高瀬の脳にとって「おっぱい」は非常に重要な位置にあるのでしょう。なぜかは知りませんが。

残念ながら今RASが集めてくれている「おっぱい」情報をなかなか有効活用できていません。
軌道修正が必要かなっと思います。

そこで重要になってくる行為が「書く」です。

【引用】「書く」ことで、脳幹網様体賦活系(RAS、Reticular Activating System)が刺激されるからです。(中略)

「書く」だけで、「その瞬間に積極的に注意を向けるべきもの」をつくり出すことができます。「重要だ!」「記憶に残したい!」「もっと知りたい!」と思えば、書けばいいのです。

【出典】サンクチュアリ出版『学びを結果に変えるアウトプット大全』P114,115 著:樺沢紫苑

「書けば夢が叶う」

なんて聞いたことありませんか。脳が叶えてくれる的な。
その夢に関わる情報を脳が集めてくれるから、一歩ずつ近づくのでしょうね。

さ、高瀬も書いて、脳に軌道修正してもらいます。
ただ、「おっぱい」はやめられませんけど。

ではでは、あなたによきことが雪崩のごとく起きます!!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »