ウォシュレット哲学

未完アイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

「ねぇねぇ、最近『ゲスの乙女極み』見ないね」
「そうだね、『スペード』は何か見るよ?」
「あぁ、あのすんごい若いときに歌ってた、あの4人の乙女ね」

すると図鑑を読んでいた息子が叫ぶ。

「わぁ!『クマノカクレミ』だ!」

うちの家族の会話は、ズレズレなんだよなぁ。

ところで「何周年記念運動会おめでとう!」とか、「ご結婚おめでとう!」とかで、風船を空に放したりするやんね。あれ、なんていう?

「バルーンリバース」

風船吐きそうになってるけど。

「バルーンレシーブ」

打ち返して!みたいな?…とにかく、なんかちょっとズレてるんよ。

ところでところで、ズレてるで思い出したんやけど、ウォシュレットあるやんね。あのおしり洗うやつ。

あれもズレるよね。ピンポイントで当たることなんてまずまずないよ。
でも、そこはちょっとこっちから動かしてあげれば…最高に気持ちいい。

人間関係もウォシュレット。こっちがちょっとズレてあげれば、きっと最高に気持ちいいはず。

…にしても、うちの家族はズレすぎやけどね。

ではでは!あなたによきことが雪崩のごとく起きます!!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »