カブトムシの死を悲しめ、なんてね

未完アイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

小さな習慣』でがんばってきたが、また未更新記録を更新してしまった。

ま、また始めればよいという話。

さ、毎日書くぞ。

■ カブトムシ、死んだ

うちの家の近くではカブトムシがやってくることがある。
オスがきて、しばらくしてからメスがきた。

上の娘も、下の息子も、

「今日はどうしているかな」

っと、朝に夜にとよく世話をしていた。

メスが死んだのだ。

泣いたのは下の息子。
わんわん泣いて、こういった。

■ またとってきて

「2匹いないといやだ!ねぇお母さん、もう1匹また取ってきて」

カブトムシの死を悲しむよりも、、、、といった感じ。

4歳だもんね。しょうがないんだろうか。

なんだかんだ言い聞かせて、お墓を作りに行った。
するとまた。

「次のカブトムシ、とってきて」

キレてしまった。

「今カブトムシとお別れしてんねん。次の話すんなや!」

キレかたもおかしいし、4歳児に死を悲しめっていうのもなんやし、微妙なんよ。

もしかしたら自分が何かの死を悲しむのも、植え付けられたものなのかな、というか、やっぱり『偽善』な香りが漂うというか。

はぁ、何やってんのかな。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »