[ω]孤独感から解放される方法

自分ブランディング


孤独感から解放される方法

うわ、私一人でめっちゃスポットライト浴びてる。
際だつわぁ…孤独が…

【概要】みんな孤独、という前提を受け入れる。

■ 泣き出した女子高生

カラオケにいる女子高生の中で、一人だけ携帯を忘れてしまった子がいたそうです。
しばらく歌ったり、友だちと会話をしたりしていたのですが、ふとしたタイミングが訪れました。
いつのまにか、その子以外の子たちが皆、携帯でメールをしたり電話をしたりしだしたようです。
その子はどうしょうもない孤独感から、泣き出してしまいました。

周りの子はカラオケの外の世界と繋がっている。
みんなといるのに、自分だけがこの仕切られた箱の中にいるような気がする…。
自分だけが…

これが、この子が泣いてしまった理由に思います。
そらそうか、孤独ってそういうことやもんね。

【引用】都会の人ごみ 肩がぶつかって ひとりぼっち
果てない草原 風がビュンビュンと ひとりぼっち
どっちだろう 泣きたくなる場所は

【出典】『微笑みの爆弾』作詞:リーシャウロン 作曲:馬渡松子

■ コントラストは孤独も際立てる。

くらべるものがあると、自分というのが見えやすくなりますね。

「俺って案外、背が高い方かも」

と思うのは、周りの人の多くが自分より背が低いからでしょう。

この世で最も白いのは、ただの純白ではなく、黒地にある一粒の白点です。
コントラストがあるから、より際立つ。
これがコントラストの原理。

このコントラストの原理は、「孤独感」にも働くのでしょう。
周りみんなが孤独に見えない、誰かと繋がっているように見えたカラオケボックス内では、自分の孤独が際立ってしまったのですね。

「自分だけ」が。

■ 脳は孤独。つまり、みんな孤独。

【引用】脳の基本は、孤独です。(中略)
一人ひとり異なる脳を持ち、異なる意識をもっている以上、僕たち人間は、前提として皆孤独なのです。その前提を理解していないと、「孤独」に対してネガティブな感情を抱いてしまうでしょう。(中略)
一人ひとりの脳が独立している以上、人間が「孤独」感から完全に解放されることはありません。恋人ができたから、「これでもう孤独からは一切解放される!」ということは、残念ながらないのです。

【出典】PHP『脳は0.1秒で恋をする』P215,217 著:茂木健一郎

この世で一番目立たない黒は、漆黒の中にある黒点です。

孤独感から解放される方法は、なんだか面白いですが、
「誰もが孤独である」ということを受け入れればいい。

どれほど誰かと繋がっていても、話しをしていても、電話してても、メールをしていても、どんな人も根本は孤独。
すると、少し自分の孤独感がやわらいできます。
やわらいだ心持ちで、電車に乗る周りの乗客を見ると、

「この人も孤独なのか…、あの人も孤独なんだな…。僕も孤独なんだよね」

みんな孤独で同じなんだと思えてくる。
孤独で同じ…孤独が同じ。
「自分だけ」というのが孤独のはずなのに、「みんなも」孤独なんです。
みんなも孤独なら、それはもう孤独ではありません。
孤独を共有する世界のすべてのものは繋がっています。
みーんな、繋がっています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

photo by: h.koppdelaney

« »

“[ω]孤独感から解放される方法” への6件のフィードバック

  1. うに より:

    こんにちは(^-^)/
    孤独と独立は違いますね。
    孤独って、何か周囲への依存というか、周りがあってのことのように思えます。千石さんはコントラストと言われてますが。
    家族であっても相手の心の中までは入り込めないわけで、それはお互い様で、それを繋がってないととるか、独立してるととるかは、受け手次第ですね。
    自分の存在を周囲を通してでしか確認できないと不安になるのでしょうか。

  2. 千石弥一 より:

    こんにちは!
    「自分の存在を周囲を通してでしか確認できないと不安になる」
    というフレーズが胸にひびきました。
    はじめてのパソコン教室で
    「これでいいのかなぁ…大丈夫かなぁ…」
    って不安なとき、周りと同じかどうかを確認し、同じなら安心します。
    でも、周りと見比べなくても「自分ならやれる」と知っていたら不安になんかなりません。自信あったら、そらそうか。
    不安なときは比べている。
    自信がある(不安がない)ときは比べていない。
    不安が先か、比べるが先かはわかりませんが、
    「比べるのをやめる」
    と決心したら、もしかしたら心にある不安も消えていくのかもしれません。
    「しんどいフリをするからしんどいんだ!背筋をのばせ!!」
    じいちゃんの決まり文句です。
    なんか、うにさんのフレーズで思いついてしまったのでダラダラ書いてしまいました♪
    コメントありがとうござました。

  3. うに より:

    おはようございます(^-^)/
    私も千石さんのフレーズにまた。
    「比べるのをやめる」
    私は子供の頃とても負けず嫌いでした。
    でも、ある日気がついたんです。
    クラスのみんなの中なんて狭い世界で1番になったところで、たかがクラスで1番。学年では1番ではないし、さらに他の学校も入れら、さらに日本全国、全世界を考えたらって思ったら、くだらないって感じたんです。
    比べる対象が何かによって、順位なんていくらでも変わるんですよね。
    「二位じゃダメなんですか?」って言葉が流行りましたが、そういう意味で捉えると、二位でも三位でもいいんだと思うんです。そのもの自体に意味のあるものであるなら。あのやり取りで、何のためにそれの開発が必要であるのかを明確に言い返せなかった方が、本来、槍玉に上がるべきだと思っています。
    私は言い返せなかった側の人間なので、ホント悔しいです。

  4. 千石弥一 より:

    悔しいですよね。うん、悔しいなぁ。
    心の中に言い返したいことがあるはずなのに、言い返せないのって、悔しいです。

  5. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。僕たちは孤独を恐れ、孤独をツライと感じます。なぜでしょうか?。人間の根本的な欲求の1つに「所属感をもつ」というのがあるそうです。平たく言えば「ここにいてもいいんだ」という感覚です。学校、会社、家庭、それらの社会において「ここにいても良い。必要とされている」と感じる事、「自分の居場所を感じる事」は、とても大きな安心感を生みます。学校でいじめられて自殺する子がいるのは、いじめられる事がツライからだけでなく、いじめられる事によって学校という共同体から個人の存在意義を拒否されるから。その子の世界の多くが学校に依存しており、その世界での居場所が無くなるからとは考えられないでしょうか?。もしもその子が学校以外の社会に価値を見いだし、そこで所属感を十分得られていたら、安易に死を選んだりはしないと思います。イジメは大問題でありイジメる方が絶対良くないのは当然なのですが、厳しい言い方になりますがイジメられて孤独になる人の考え方にも、問題があるように思います。イジメられて孤独になる、無視されて孤独になる心の奥底には「自分が世界の中心にいる=全ての人は自分に関心を持ってくれるべきだ」という考えがあると、心理学者のアドラーは言います。人は誰でも人生の主人公ですが、世界の中心に王様のように君臨している訳ではありません。つまり他人には自分になど関心を示す義務は無いのです。何も努力しなければ、他人は自分に関心など寄せないのです。ですが「所属感」は欲しい。では、どうするか?。・・・・それには、自分の方から世界に働きかける事しかありません。自分の世界に閉じこもるのではなく、むしろ自分から世界に関わっていく。中高生や大学生がブログやラインやボランティアやサークル活動に夢中になるのは、このあたりに理由があるように思えます。ただ、この事をはき違えると「とにかく目立てばいい」という安直な考えになって、アルバイト先の冷蔵庫に横たわる写真をネットに掲載して問題になる人がでたりします。問題行動を起こす彼らは、悪いことがしたかったのではなく、孤独に耐えらず、世界の中心は自分だと思いたいために、安直な行動に走ったのです。もちろん社会に働きかけたからといって、必ず注目される訳ではありません。社会から本当に必要とされ所属感を満たすには、社会に有用な行動を、地道に続けるしかありません。高瀬さんのブログのようにポジティブな発信を続ける事も1つの手段ですね。僕も孤独にさいなまれる「自己中」な人間です。孤独を癒すため、少しでも社会に有用な発信をしていきたいと思います。今日は自分自身の事でもある為ちょっと辛めのコメントになりました。あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

    • 高瀬賢一 より:

      イジメ…自殺…。
      孤独感だけではないのでしょうね、この世を去ろうと思うのは。

      死ぬことを選んじゃいけないなぁ。自分の娘や息子が、と考えるといてもたってもいられなくなります。

      …すみません、レスになってませんね。

コメントを残す