インターネットゲーム障害の判断基準

自己啓発アイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

【概要】この項目で5つYESならインターネットゲーム障害の…病気です。

インターネットはみんなやっているし、ゲームだって楽しんでいる人は多い。スマホの世の中、10年前と比べたらエラい違いでゲームしてるよね、みんな。

んじゃ、どこから病気なの?っていう判断基準があったよ。

■ インターネットゲーム障害の判断基準

【引用】精神医学の診断基準『DSM5』では今後の検討課題として『インターネットゲーム障害』という診断基準が記載されています
分かりやすく書くとこうなります

1.ゲームをしていない時でも ゲームのことばかり考えてしまう。
2.ゲームができないときに イライラやソワソワしてしまう。
3.ゲームをする時間がどんどん増えている。
4.ゲーム時間を減らす必要を感じ
  そしてそれでも減らせなかった。
5.ゲーム以外の趣味や娯楽が楽しくなくなってきた。
6.生活・社会的に問題があり そうだと分かっていても
  ゲームを続けてしまう。
7.家族などに対して ゲームの使用時間について
  ウソをついたことがある。
8.ネガティブな気分を解消するために ゲームをしたことがある。
9.ゲームをすることで 大事な人間関係・仕事・勉強などが
  おろそかになったことがある。

このうち5つ以上がYESだとインターネットゲーム障害と診断されます

【出典】少年画報社『マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ)Kindle版』著:ゆうきゆう、ソウ

高瀬は実に8個…。
これ書きながらもゲームのこと考えているし、ゲームの時間はできる限りやっているので増え続けている。
減らさなきゃな、なんて考えたこともあるけど減ってません。
ブログ書くの面白くなくなって更新が途絶えたし、仕事の準備もおろそかにゲームをするときもある。
嫁さんと遊べなかったり、仕事での不満があるときストレス解消にゲームするし…もうあれよあれよのうちにYES,YES,YES!

『SAY YES』を『YAH YAH YAH』で歌っている感じですよ…ん?分かる?分かんない?

で、あなたは何個『YES』でした?

あぁ、ますます高瀬は依存症だわ。どうしよう。
でもでも、それでもあなたによきことが雪崩のごとくおきます!
んじゃまた!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »