人権とは何か?子どもに話してあげたい3つの権利

子育てアイデア


人権とは

CAPのワークショップに参加して参りました。
「人権とは何か?」を感じるワークショップです。

人権とは何でしょう?
僕もよくわからなかったんです。

人の権利?権利だから義務がともなうものなの?基本的人権の尊重??人権の中身って?
なんだかチンプンカンプンですよね。

説明してもらったことを紹介させていただきます。

■ 人権とは何か?子どもに話してあげたい3つの権利

人権とは?を考えるとき、次の3つ権利を考えればいいそうです。

  • 安心
  • 自信
  • 自由

人権とはこの3つで、これが侵害されると「人権侵害になる」ようです。
たとえばこんな場面。小学校4年生の子ども二人が登場人物。

「Aちゃん、待ってたわよ」
「あ…」
「これからは私のランドセル、持って帰ってくれる?いいわよね?」
「え…でも…」
「いいわよね??はい、ランドセル」
「あ…」
「これらかいつもここで待ってるからね!いくわよ」

Aちゃんにとってここに「安心」はあるか?というと、ありません。「自信」はあるか?というと、それもないでしょう。「自由」は?これもない。

「安心」の権利、「自信」の権利、「自由」の権利を奪うのが人権侵害。
ちなみに「自由の権利」といっても好き勝手することではなく、「自由の権利」とは「選ぶ権利」だそうです。

Aちゃん、この3つの権利を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか?
「安心」「自信」「自由」を取り戻すための3つの道具が紹介されていました。

■ 人権を取り戻すための3つの道具

人権を取り戻すための3つの道具とは

  • いやだ
  • 逃げる
  • 相談

です。この3つが、人権を取り戻すための道具。
3つの道具をAちゃんにわたすときは、

「Aちゃん、『いやだ』って言えばいいでしょ!そんなときは『いやだ』て言いなさい!」

と伝えるのではなく、

「Aちゃん、『いやだ』って言ってもいいんだよ?」

と伝えるそうです。
「自信」「自由」の権利を奪われている状況ですから、なかなか言い出せないですよね。
Aちゃんは「『いやだ』って言え」といわれても言えない自分を責めかねません。

「そうか…『いやだ』って言えない自分が悪いんだ」

だから「いやだ」と言えるなら言ってもいいんだよ、と伝える。
さらに同じように、

「『逃げ』てもいいんだよ」と伝える。
その場所にまた行かなくてもいいと。

でも、仕返しが恐くて『いやだ』も『逃げる』もできない。そんなときは『相談』するんだよ、と伝える。

友だちでもいい。大人でもいい。
「安心」「自信」「自由」を奪われて困ってしまって、「いやだ」も「逃げる」もできないとき、必ず「相談」だけはしてね。
そう、伝えるそうです。

■ 人権?権利を教えるなら義務も教えろ!!

「権利には義務が伴うでしょ?子どもに権利を教えるなら義務も教えてほしいもんだわ!」

人権には義務がともなわないみたい。

「安心」の権利、「自信」の権利、「自由」の権利は生きていく上で必要な権利で、命にくっついているもの。だから義務はともなわない…のだそうです。

「人権と人権がぶつかり合うような場面もあるんじゃないか??」

そうかもしれないですよね。でも、そんなときももしかしたら「第3の案」で、お互いの人権を侵害しない方法があるかもしれない。

ましてや、こっちが大人で向こうが子どもなら、子どもの人権を守るのは大人の役目でしょうね。

自分の言葉で、子どもの「安心」「自信」「自由」を奪ってませんか?僕は奪いまくっている気がします。
「しつけです」なんて大義名分ふりかざしてね…あぁ恥ずかしい。

比較、過干渉、体罰…こういった暴力により「安心」「自信」「自由」の権利が侵害され、切なさ、悲しさ、淋しさ、復習心を抱えこみ、子どもは怒り・無表情のお面をかぶるようになって、それがいじめ、万引き、放火、リストカット、自殺に向かうのかもしれません。

ところで、あなたの「安心」「自信」「自由」の権利は守られていますか?
質問・相談フォームを作成しました。
お気軽にご連絡ください。僕にできることは何もありませんが、一生懸命読みます!

長い文章、最後までおつきあいいただきありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。


« »

“人権とは何か?子どもに話してあげたい3つの権利” への2件のフィードバック

  1. MSLABO より:

    こんにちは、MSLABOです。高瀬さんの昔の記事も読んでみようと思い立ち、読み始めました。人権とは「安心」「自信」「自由」ですか・・・なるほどです。この話を聞いて「マズローの欲求階層説」を思い出しました。人間の欲求は下から順番に生理的欲求、安全欲求、愛情欲求、尊敬欲求、自己実現欲求から成っているそうです。安心を得たいとは、生理的欲求や安全欲求を満たす行為ですね。自信は人から愛されたい、認められたいという欲求と深い関係にあるように思います。最後の自由は、自分自身の持っている能力・可能性を最大限に引き出し、創造的活動をしたいという自己実現のために不可欠のものです。人権を尊重する行為とは人間の基本的欲求を満たす行為なんですね。ちなみに・・・奥様に愛されたい=愛情欲求、奥様に尊敬されたい=尊敬欲求 でしょうかね?嫁が怖いので何とかしたいという安全欲求レベルの私は、まだまだかもですw。あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

    • 高瀬賢一 より:

      ふきました♪
      嫁が怖いので安全欲求レベル(笑)
      いやぁ、家の中でサバイバル?ですね。

      過去の自分は、今の自分ではないので、昔書いた記事に「ハッ」とさせられることがあります。
      恥ずかしい。書いても書いても学んでない証拠ですね。

      コメントありがとうございます!

コメントを残す