[ω]片づかない理由

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

片づかない理由

■ 価値のあるものはどっち?

斎藤一人さんのお話なんです。

「コップ一杯の水」と「ダイヤモンド」どっちが価値がありますか?

どっちでしょうか???
僕はね、「コップ一杯の水」って答えたんですよね。
あなたはいかがですか?

この話の先は後ほど。

■ 片づかない理由

【引用】大好きなモノ以外はすべてノイズだ。

【出典】サンクチュアリ出版『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』P29 著:四角大輔

片づけるの苦手なんですよ、僕。
で、斎藤一人さんに言わせてみたら、

「ものがたくさんあるのに、片づくわけないの!」

…いやぁ、その通りなんですよね。

「大好きなもの以外ノイズ」

それなのに、「いつか使うかもしれないなぁ…」というものばかりに囲まれている。プレッシャーをかけられている。

【引用】捨てる基準はシンプルでいこう。
今、使っていないモノは捨てる。
即座に売るか、譲るか、処分すればいい。
“思い出の品”以外、手放して困るモノはない。
とっておくか迷ったら、捨てる。

【出典】サンクチュアリ出版『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』P32 著:四角大輔

大好きなモノだけに囲まれている生活。
ときめくものだけに
囲まれている時間。

素敵じゃないですか。
でも捨てなきゃいけないんだろうな、そのためには。

■ 片づかない理由…もとい、捨てられない理由

はじめの質問に戻ります。

「コップ一杯の水」と「ダイヤモンド」どっちが価値がありますか?

この答え。どうもね、ダイヤモンドみたいです。
ダイヤモンドの方が価値があると答える方がいいらしい。

「水」と答えてしまった僕の心理は。

「砂漠にいったりしたら…」
「水がもらえない状況になれば…」

そういう状況なら、生きていく上で価値があるのはダイヤモンドではなく水です。

でも、砂漠なんていかないんですよね。
さらに、日本で水がもらえない状況というのはなかなかありません。
よくよく考えると阪神淡路大震災を経験しましたが、そういう状況ですら、おかげさまで水はいただくことができ、今なお生きております。

大震災がくるかもしれない…から、ダイヤモンドよりコップ一杯の水を選んでしまう…この心理が、片づかない理由、もとい僕が捨てられない理由の元凶です。

「この服、いつか今度、山に登るときにちょうどいいんだよな」
「このグッズ、自転車がパンクしたとき使うから…」

山に登るときに買えばいいし、自転車がパンクしたら三軒先の自転車屋さんにもっていけば済む。

「捨てるのがもったいない」というより、「片づかない部屋で癒されない毎日」の方がもったいないかもしれません。

「もしかしたら使うかもしれない」自然とピンチの状況をベースに物事を考えてしまう、そういう僕の心理はあまり健全ではない気がします。
ピンチベースの考え方もときには必要。でも毎回ではね。

ピンチ引き寄せちゃうかもしんない。

ちょっと変えよっと。

コップ一杯の水より、ダイヤモンド。
もしものピンチのときより、今。
捨てることを「もったいない」と思うより、使わないものに生活が圧迫されていることを「もったいない」と。

長い文章、最後までありがとうございました。
あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »