[ω]本当にできる人とは?

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

本当にできる人とは

■ 本当にできる人とは

エクセルのことを聞けばなんでも教えてくれる。
会社のことはもちろんなんでもわかっていて、顧客の対応を相談したらアドバイスをくれる。
かといって仕事ばっかりじゃなく、ゴルフにボーリング、麻雀も楽しみ、冬は山スキー…だけでなくクロカンまでやっちゃう。

「賢ちゃん、子どもができたらキャンプにいきな!いいよぉ、よく北海道10日間、野宿キャンプの旅とかしたなぁ♪最高だったよ!」

なんて家族サービスもすげぇ方の下で働いておりました。

なんでもできる人…ほんとそんな感じです。

あこがれます。こんなできる人になりたい!

でも、本当に”できる人”になるために

「あれもやんなきゃ、これもやんなきゃ」

となる必要はないみたいです。

【引用】本当に”できる人”は、なんでもかんでもこなせる人じゃない。
目の前の仕事から好きになれるところを見つけて、それを自分らしく、迷わず、愚直なまでにやり抜ける人のことだ。

【出典】サンクチュアリ出版『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』P88 著:四角大輔

ローマは一日にしてならず…上司は50歳。
目の前のことを自分らしく、迷わずやり抜いてきた結果、こんなカッコいい50歳になれたのでしょうね。

で、目の前のことをやり抜くという部分なのですが…特に仕事っていうのはイヤなこともあるじゃないですか?

そんなときは…

■ 本当にできる人になるために…

【引用】営業のコアな仕事は「売る」ことですが、「売る」ためには、「話すこと」「聞くこと」「書くこと」「データを分析すること」など、さまざまな仕事が複合的に入っています。
その中から自分が伸ばしたい分野を見つける。

【出典】サンマーク出版『枠からはみ出す仕事術』P128 著:美崎栄一郎

「営業の仕事…いやなんだよ…」

と言ってしまう前に、仕事を最小単位まで分解してみて、自分の好きなところを見つけてみるのも一つの手かもしれません。

僕でいうと書くことが好きなので、それをいかしつつ愚直に仕事へ向かってみるという感じでしょうか。

「今の仕事最高だよ!好きなことやんなきゃダメだよ!」

という話を聞くと「羨ましいなぁ」と思います。
特に「自分の天職ってなんなんだろう…」なんて考えているときはとくに。

「自分の道は他にあるのかな」

そんなとき、斎藤一人さんの言葉が胸に刺さります。

【引用】他人の話を聞いて、うらやましがる前に自分の道があるんだよ。だから自分の道を歩きな。自分の道を生きていけば、てっぺんまで行けるんだよ。なぜかって、自分の道こそが神の道だからね(中略)

いま目の前にある仕事、それが自分の道。あっち見たり、こっち見たりせずに、その道を行けばいい。

【出典】PHP文庫『斎藤一人の道は開ける』P210 著:永松茂久

迷わず、今目の前の仕事、今歩いている道をしっかり歩くということ。
ちょっと一緒にやってみませんか?
僕もちょこっとやってみます。

本当にできる人になるのは、なかなか難しいような気もしつつ、簡単な気もします。

今やっていることを、もう迷わず、愚直にやり抜けばいいだけなのだから。

よし、やろっ!
長い文章、最後までおつきあいいただきありがとうございました。

あなたによきことが雪崩のごとくおきますよう。

photo by: digitalpimp.
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »