[ω]欲にキリなし、地獄に底なし

禅的生活

[`evernote` not found]
LINEで送る

【概要】九十八点、九十九点の幸せはない。あるのは百点満点の幸せのみ。そして、問題を出すのも、採点をするのも実は全部自分である。ということは…

欲にキリなし、地獄に底なし

■ 99より1が気になるお年頃

「98点だ!やったぁ!!」

と、本気で喜んで家に帰ります。そしてウキウキで親に報告。すると…

「よかったね!あと2点で100点だね!!」

お母ちゃん喜んでくれて嬉しいんです。それで、

「後2点だ!次がんばろ!!」

よくある光景ですね。
そして次のテスト。

「99点…ガーン。答えの単位書き忘れてるやん…後1点…」

この1点は悔やまれますよね。99点も取れたのに、取れなかった1点に目がいってしまう。
ま、いいか…と折り合いをつけても、なんとなくひっかかるのがこの1点。

今回は、この1点が気になっちゃうあなたに贈る記事です。

この1点に意識がいっちゃうのが、どうも不満の始まりで、不満の始まりが不幸の始まりのようでございます。

■ 99点の幸せは存在しない!?

「自分の生活は99点です!大満足です」

大満足なら100点満点をつければいいと思うのですが、残りの1点はなんですか?

「えぇ…それは実は彼氏のクセの話なんですけど…」

もう常に彼氏のクセが気になって、不満を抱えてしまう。

「98点です!残りの2点は…子どもがちょっと…」

子どもの問題で不満足です。

【引用】百点満点と考える幸せは存在しますが、九十八点、九十九点だという幸せは存在しないと思います。
あれが足りない、これが足りない、これが実現したら幸せになるのだけれど……。そう言っている間は、その人は幸せではないように思います。

【出典】廣済堂『豊かな心で豊かな暮らし』P20 著:小林正観

■ 欲にキリなし、地獄に底なし

この子どもの問題や、彼のクセの問題がなくなったら100点になる!と思いきや、そうならないところが人間の面白いところなんですね。

僕なんてそうです。
もう不満がなくなれば、また次の不満が出てくる。
「こうしてほしい」という欲望がなくなれば、また次の「こうしてほしい」が出てきますし、
「ああじゃなきゃやだ」という欲求がなくなれば、またつぎの「ああじゃなきゃやだ」が出てきてしまいます。

【引用】「欲にキリなし、地獄に底なし」です。
しあわせっていうのは、自分の心が決めるんだよ。
お金も必要かもしれない。でも、今、貧乏だから、
お金を手に入れたら幸せになれるという人は、
お金を持ってもしあわせになれない。
「今、しあわせだ」と思える人がお金を持ったとき、
さらなるしあわせが手に入ります。

【出典】KKロングセラーズ『幸せセラピー』P130 著:斎藤一人

100万手に入ったら幸せ…でも、いざ手に入っても、次は1000万。1000万手に入ったら次は1億…ってな具合でしょうか。

幸せと思っている人がお金を手に入れるから、さらに幸せなのでしょう。
幸せと思っている人が愛情を育むから、さらに幸せなのでしょう。

■ 知足の心で

学校のテストと違って、人生のテストの採点は自分でできます。

「99点!?おっとっと、1点忘れてた!!100点満点♪」

さらにいうと、問題も自分で作れます。

「はい、貯金部門…5万円超えてたら100点満点ですが…ジャンっ!『5万とんで120円』100点満点です!!おめでとう!!」

「目が見える。耳が聞こえる。もうそれで100点満点やん。幸せやわ、俺は」

ってな感じです。

「欲にキリなし、地獄に底なし」といっても、「欲しい」という気持を全否定するわけではありません。
必要なものは必要ですもんね。
さらに人間ですから、欲を持ってて当たり前です。

【引用】必要なものは手に入れたいと思うでしょう。それは決して醜い欲望ではありません。ただし、必要最低限のものを手にしたときには、「ああ、これで私は十分だ」と思うことです。
そしてそれ以上の不要なものは求めない。
これが「知足」という考え方で、そこにこそ穏やかで平和な心が宿っています。

【出典】三笠書房『禅、シンプル生活のすすめ』P191 著:枡野俊明

「いやいや、まだまだガンガンいきまっせぇ!」

という人は、欲のアクセル踏みまくって元気にいけばいいのだと思います。
ただ、アクセルばっかりじゃヒートアップしすぎて燃え尽きることもあれば、止まれないなら事故ってしまいます。

心荒れ狂い、欲望にやられそう…ってときは、知足の心でブレーキを。

とは書きつつも、まだまだアクセルふかしまくっている僕ですが、どうぞよろしくお願いします。
長い文章、最後までおつきあいいただきありがとうございました。

あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

photo by: h.koppdelaney
[`evernote` not found]
LINEで送る

« »