[ω]本当の愛とは?

恋愛のアイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

本当の愛とは

■ 本当の愛とは?

本当の愛とはなんなんでしょうか?

それを自分の中に感じたことが一度だけあります。

前にも話したことがあるかもしれません。
それはある女性へプロポーズをしたときの話なんですが、少し特殊な体験をしました。

まぁその話はおいておいて、その前に、

本当の愛とは?

この疑問に答えてくれるフレーズを紹介させてください。

■ 今日のアイデアフレーズ

【引用】本当の愛とはその人が本来持っている価値を肯定することであり、相手の気持ちや感情を認めるということなのです。

【出典】キングベアー出版『7つの習慣 ファミリー』 著:スティーブン・R・コヴィー

■ 届かないプロポーズ

たいていのプロポーズは、付き合っている人にするものだと思っています。
僕は違いました。

その女性とはプロポーズまでに5年と10ヶ月付き合っていました。

忘れもしません。5年記念の2ヶ月前にフラれたんです。

「賢一とは先が見えなくなったの」

俺はとんでもないものを失ってしまった…

追いかけてプロポーズをしましたが、あえなく散る。
フラれました。

二回目もダメで、それでも

「2ヶ月後の記念日に、あの場所で会いましょう。それまでは連絡をとらないということで」

そう約束してもらいました。

そして2ヶ月後。記念日です。
初めてデートした場所でご飯を食べ、夜の街を散歩しました。

あの頃に戻れたかと思うほど楽しく、二人で笑っていました。

もう一度プロポーズをしました。
すると彼女は、

「…ごめん…ごめんね」

…やっぱりダメか…

さっきまで笑っていた目に涙をためて「ごめん」を繰り返します。

「賢一といるとすごく楽しい…きっと結婚したら幸せになれるのだと思う…でも…」

ごめん、と。その僕の気持ちには応えられないと彼女は泣きました。

■ 本当の愛を感じた瞬間

こんなに好きな人を苦しませて何をやってんねやろな、自分…そう思いました。

それで、

「ごめんな、追いつめてもて。俺がお前のことを好きな気持ちはどうもできんけど、自分の中だけでなんとかするわ。
だから、もう悩まんといて。
俺は去ります(^-^)」

自分のプロポーズはどこかで条件を付けた愛でした。

また二人でいられるなら…
自分のことを愛してくれるなら…

でも最後だけは違った。
もう二人ではいられない、もう自分を愛してくれることはない、でも、
それでも相手の人を大切に思う。

プロポーズではなく、別れを受け入れた言葉に愛を感じるなんて、なんだか切なくなります。

本当の愛とは、何かを相手に求めることではなくて、相手がどんなになっても受け入れることなのかもしれません。

■ 本当の愛の行方(後日談)

その女性とは、なぜかその後すぐに婚約し、今横のコタツで眠っているのですが、

「うぅぅぅ…あぁん!!」

かなり怒り心頭な夢を見ているもよう。

寝言いうのなんとかしてくれんかなぁ、
と思いつつ、
おっと、相手のそのままを受け入れるのが本当の愛でしたね、と自戒しています。

奥さん「これどうなってんの、賢一っ!」

はいっ!!

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »