意志の力を減退させる原因5つ

未完アイデア

[`evernote` not found]
LINEで送る

意志の力が減退するときがあるようです。
「自我消耗」させてくる上位5つが本に載っていたので紹介。

■ 意志の力を減退させる原因5つ

【引用】自我消耗の原因の上位5つは、努力、困難の自覚、否定的な感情、主観的な疲れ、血糖値だとわかりました。つまり、これらの要因が、わずかな意志の力で成功を収める方法にとっては5つの大きな敵になるということです。

【出典】ダイヤモンド社『小さな習慣』P82 著:スティーヴン・ガイズ 訳:田口未和

「努力せなな…」

努力が必要なとき、やる気減りますよね。
そうとうがんばらあかんてなると、ねぇ。

「うむ、これには困難がともなう」

困難の自覚も、もう立ちはだかる壁。
乗り越えられそうにないって感じると、努力と同じくやる気減。

「もうクタクタ…」

ってときにもう一踏ん張り!…できるといいよねぇ。
これが高瀬はできないんだ。意志の力は限りなく0。布団へGO。

「お、おなかへった…」

職場、夜、血糖値が低いとき、そういえばやる気もなくなってるかも。
クタクタ状態に近いものがあります。

こういうのを解消すれば意志の力を保てるのかしら。

ちなみに「意志の力は無限にある!」って考えている人の方が、意志の力はあるらしい。

「ぐだぐだ言ってないで、やればいいんだよ、やれば」

うちの父とかそうだな。
尊敬です。

ではでは、あなたによきことが雪崩のごとく起きますように。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »