君に贈る最後の手紙

感謝アイデア!ブログ参考文献

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ リチャード・カールソンさんが贈った手紙

小さいことにくよくよするな!』という本があります。
僕にとってとても思い入れの深い本で、はじめて一冊読み切ることができた本でもあります。
その著者リチャード・カールソンさんは、2006年、出張中の飛行機内で肺塞栓のためお亡くなりになりました。
45歳という若さ。
今回ご紹介する本『君に贈る最後の手紙』は、亡くなる三年前の結婚記念日、リチャード・カールソンさんが奥さんのクリスティーンさんに贈った手紙です。
この素敵な手紙は、こんな一節から始まります。

あと一時間の人生。
ぼくは誰に話しかけるだろう。なぜ今ではないのだろう。

■ 大好きな詩

リチャードさんが好きな言葉は、

“もし人生が残りあと一時間で、
たった一本しか電話がかけられないとしたら、
誰に、なにを話すだろう……。
なぜ今、そうしないのだろう?”

スティーブン・レヴァインさんという方の言葉です。
これを聞いて9.11同時テロと、ノーマ・コーネット・マレックさんの詩『最後だとわかっていたなら』を思い出す方もいるかもしれません。

あなたは言わなくても
わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい……「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

この詩も、リチャードさんが大好きな詩だったそうです。

■ どうやったら今を大切にできるのか?

この本で、僕が改めて教わったことは二つあります。

  • 当たり前というのはないということと、
  • 今を大切にするということです。

小さいことにくよくよするな!』でもそうだったんですが、
この二つはリチャードさんが伝え続けてきたことですね。
どうやったら今を大切にできるのでしょう?
シンプルな答えが、この本の中にありました。
「もし後一時間の人生だったら?」
少し立ち止まって、この質問について考えてみるといい。
するとどんなことが起こるかというと、優先順位が、今もっている自分の価値観が大きく変わります。

  • どうして忙しさにかまけて、嫁さんの話を聞いてあげなかったんだろう?
  • なんでもっと子どもとキャッチボールしてやんなかったんだろう?
  • どうしてあの人に「ごめん」が言えなかったんだろう…

自然と今を、今目の前にいる人を大切にしたくなります。
大切な人に連絡を取りたくなります。
僕は思わず連絡してしまいました。

“人はいつの日か死ぬ運命にあり、いつの日か人生を振り返り、なにが大切なのかを考える。ならば、今日からそんな生き方をしてみてはどうだろう?”

リチャードさんがクリスさんに書いた手紙をぜひ読んでみてください。
心の中があつくなりますから。

“たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい”

【参考】日本実業出版社『君に贈る最後の手紙
著:リチャード&クリスティーン・カールソン
訳:田内志文

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »