神様へのお願い3ステップ

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 願いが強すぎる罠

神様を味方につけて願いを叶えたいんですが、困ったことが起きました。
願えば願うほど、神様を敵に回してしまいそうなんです。

■ 今日のアイデアフレーズ

【引用】「いま、自分が置かれている状況が気に入らない。自分を取り巻いている状況が気に入らないんだ」と強く言っている人は、その状況をつくってくださっている宇宙や地球や神さまというものに対して、「あなた方のやってくれていることが気に入らないんだ」と強く主張していることになります。
【出典】イースト・プレス
『心を軽くする言葉』
著:小林正観

■ 願いが不満になってしまうことがある

困ったでしょ?
でも確かにそうなんですよね。
「車があったらいいのに!」
「やさしい彼がいれば幸せなのに!」
車がない、彼がいない今の現状に不満をいだいたり幸せに感じられないのは、何か大きな存在が用意してくれた今の状況を「気にくわない」と言う、それと同じかもしれない。
それでもやっぱり車は欲しいし、恋人も欲しい。
望んでしまいます。
どうしたらいいのか?

■ 神様に願う3ステップ

まず一番は、不平不満をやめてみる。
主婦の方だって旦那が、
「飯まずい」
「部屋汚い」
「Yシャツの首周り…汚れ落ちてないんだけど…」
「子どもウルサい…なんとかしろ」
なんて普段から言いまくっていたら、
「もう、しないっ!」
となっちゃいますよね。
神様も同じだと思うんです。
「こんなに平和な時間を用意したのに不満を言うなんて…もしかして不満を言うのが好きな人なんだな。
じゃあもっと言えるように、ちょっと大変なことでも起こしてやろうか…」
こわいですね。
不平不満を言うのは止めた方がいいと思います。
二番目は「ありがとう」、感謝です。
「いつもご飯作ってくれてありがとう!美味しいよ♪」
もっと頑張りたくなっちゃいませんか?
上司から、
「ありがとう!お前のおかげで何とかなったよ!」
なんて言われれば、また頼まれたくなっちゃいますよね。
神様も同じで日常に感謝されれば、
「この人にありがとうって言われるの気持ちいいなぁ。もっと言わせたいなぁ」
と思ってはるんじゃないでしょうか。
そして最後のステップは、感謝の気持ちのまま「お願い」する。
「叶っても叶わなくても、今自分が幸せなことは変わらないのだけど、
叶うと嬉しいことがあります」
もし、相手が充分にあなたに「ありがとう」を言われたい気持ちになっていたなら、きっと叶えたくなっちゃうと思いますよ♪
1.不平不満を言わない
2.ありがとうを言いまくる
3.今の幸せな気持ちを保ちながら、お願いする。
詳しくは小林正観さんの本を読んでくださいね。
嫁が元気いっぱいで幸せだなぁ♪
今でも充分幸せだけど、もうちょっと…
嫁「なんか言った?」
いえ…
今日もありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »