苦しみに隠れた幸せ

謙虚思考

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ つわりは幸せ?

同僚に妊娠された方がいたんです。
そのとき話してくれたことを紹介させてください。
つわりの苦しみ、
なかなか僕には判りませんが、
「二日酔いのムカムカが、ずっと続いている感じかな」
と教えてくれました。
絶対イヤです、つわり。
避けて通りたい。
男でよかったぁ。
そう思っていたんですが、
「つわりは苦しいけど…
苦しいのはいいことだ」
どうして?

■ 苦しみに隠れた幸せに気づきたい

「つわりが苦しいってことは、おなかに元気でいてくれてるってことだもん」
同僚は以前に流産をしてしまったことがあるそうなのです。
「つわりの苦しさは、幸せなことよ」
母強し、というだけでなく何か考えさせられます。
苦しみに隠れた幸せに僕は気づけているのかなと。
仕事のツラさ、人付き合いの面倒、勉強の苦労、ケンカ中の奥さん…
その大変さの裏にある幸せに自分は気づけているのかと。
働けるだけで、奥さんがいてくれるだけで感謝ですよね。
母になる全ての方を尊敬します。
そして、元気な赤ちゃんが生まれることを心から祈っております。
本日もありがとうございました。
自分から、謝ることにします。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »