「成功に嫉妬」より「○○に敬意」

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 能力を軽く見られる

「あの人は英語得意だからまーかっせよ♪」
と上司が仕事を振ってきます。
もう勘弁…
そんな経験ありますか?
僕の場合よく言われたのは、塾のチラシ作り、ホームページ作成でした。
「ペロンと出来ちゃうでしょ?頼むよ!」
頼まれることは嬉しいんですけど、忙しいときに軽く言われちゃうとなんだかなぁ…と。

■ 今日のアイデアフレーズ

【引用】芸術家の偉大な作品を見ても、そこに忍耐強い努力と長年の修行の後を感じられる人間は少ない。確かにそれらの作品は、いとも簡単にごく短い期間で作られたように思える。だがその陰には、想像を絶するほどの作者の苦しみが横たわっているのだ。
【出典】三笠書房『自助論』
著:サミュエル・スマイルズ
訳:竹内均

■ 成功に嫉妬より努力に敬意

頼まれるのはいいんですよね。
チョコッと「なんだかなぁ」と思いはしても、
「まぁ能力を認められてるってことか」
ぐらいに気持ちをおさめられますもん。
問題はこっちからものを頼むときです。
相手の能力の裏にある努力の影が見えてるか?
その努力に敬意を払っているか?
僕は少しできてないときがあるな、と反省しているところです。
ちなみに成功した人を見て、
「運がいいヤツだ」
と妬む気持ちも似ているかもしれません。
継続的な成功の裏に努力が無いわけないもの。
僕はまたまた、たまに嫉妬しているなぁ、と反省中です。
また明日、お会いしましょう!さようなら。
ちなみにちなみに、僕は、
「あんなかわいらしい奥さんとずっといれて、ほんま運のいい幸せもんや、お前は」
なんて、よく言われるのですが…
僕は運もいいけど、なかなかどうして…うん。
見えないかなぁ、この努力の影。
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »